知財でお金を生むために考えてみるべきこと

写真拡大

アイデアは形になるまで誰のものでもありません。かといって特許出願やライセンスビジネスで安泰ということでもないのです。知っておきたい知財の活かし方をご紹介します。

アイデアは形になるまで可能性の一つ

「俺が考えていたアイデアが誰かに製品化されてしまった。先に、特許を取っておけばよかった」
こんな言葉をたまに耳にします。
でも、そのアイデアが特許を取れるようなものであったかどうかは、まったくわかりません。「俺のアイデアが使われている」と思っても、傍から見るとまるで別のアイデアという可能性もあります。

ライセンスビジネスは楽?

「俺のアイデアを誰かに使わせて、お金をもらえるようにしたい」と、希望される方もいます。
「ライセンス」というもので、たしかにこれもビジネスの1つです。
ライセンスでお金を儲けたいのなら、アイデアの売り込み先を自分自身の足で見つけ、タフに交渉して契約にこぎつけ、さらに、踏み倒されないように注意しながら、ライセンス料を回収するまでをすべて、自分自身でやらなければなりません。
そこまでできて、初めてライセンスのビジネスが成り立つのです。

真似された?単に似ていた?

あなたが特許をとったアイデアをもとに作られた製品と類似する他社製品を見つけたとき、あなたはその他社製品があなたのアイデアを真似しているかどうか見分けることができますか?
見分けられるのであれば、特許があることを理由に相手に文句を言えますが、見分けられないなら特許はほとんど使い物になりません。

特許は「守る権利」で「攻める武器」になりにくい

そして、特許を出願するということは「裁判に発展する可能性を同時に得る」ということでもあります。同じ特許でも、人によって違ったものに見えることはよくあります。自分のアイデアを本気で守りたいなら、ときには力技も必要です。相手にだって言い分はあるし、負ければ多額のお金を取られるとなれば、必死に抵抗してくるでしょう。
「そんな大変な裁判なんてまっぴら」と思うなら、特許出願は大切なアイデアを流出させるだけで、まさに絵に描いた餅になりかねません。
そのアイデアを今すぐ使おうと思わないのなら、「誰かが同じことを考えて使い始めたら損した気になるかもしれないが、それはそれでいい」という見切りが必要だと思うのです。

【まとめ】

・チェックポイント1・その特許が現在または将来のビジネスに役立つか?
・チェックポイント2・形にした時、目に見えるアイデアか目に見えないアイデアか?
・アイデアの質によって戦略が異なります。あなたの知財はどちら向きですか?

★ 参考図書『レシピ公開「伊右衛門」と絶対秘密「コカ・コーラ」、どっちが賢い?』
著者:新井信昭(あらい・のぶあき)