リアリティスターのカイリー・ジェナー風ものまねメイクをした、海外ユーチューバーのPONY Instagramより

写真拡大

真似しようと思っても、骨格などの違いから真似するのがなかなか難しい海外セレブ風メイク。この記事では、人気セレブ2人のものまね風メイクを、海外ユーチューバーの解説動画を参考にしてご紹介!

■大きな二重幅もつくれる!カイリー・ジェナー風メイク
日本人が海外メイクをする時に、悩ましいのが大きな二重幅と顔の堀の深さ。そんな悩みを解決してくれるのが、韓国のざわちんと言われているメイクユーチューバーのPONYさん。彼女がものまねメイクしたのは、リアリティースターのカイリー・ジェナーだ。

まずは、二重幅の作り方から。一般的に日本で二重をつくるメイクといえば、メザイクやアイプチなどが主流だ。今回のメイクではあえて二重を作らず、ブラウンのアイライナーで偽の二重線を描くことで、あたかも二重が存在するようにする。アイシャドウで影を付け、つけまつげを装着すれば、不自然さのない広い二重幅を再現できる。

次に堀の深さ。シャドウを使って顔の凹凸を再現するのではなく、明るいコンシーラーとパウダーを使って、元の肌の色を生かした影を作っていく。あえてシャドウを塗らないシンプルなベースメイクで、自然な顔の凹凸をつくることができる。
参考動画:Kylie Jenner Transformation Make-up (With sub) / PONY Makeup

■黒髪に似合うセレーナ・ゴメス風メイク
ものまねメイクで有名な海外ユーチューバーのジェシカ・ヴィルさんのメイク動画から、歌手セレーナ・ゴメスのものまねメイクをご紹介!このメイクは、「Hands to myself」のMVで出てくる黒髪のセレーナ風。

セレーナのメイクをする上で重要なのが、アイメイク。まず形のはっきりしたアイシャドウにするため、目尻から眉尻にかけてセロハンテープを貼る。ここで必要なアイシャドウは黒とブラウンの2種類だけ!まず暗めのブラウンを目の上部分(二重線より上)にのせていく。次に黒のアイシャドウを太目のアイラインのように、先ほどのブラウンの下部分に塗っていく。この時セロハンテープを利用して、目尻部分が跳ね上げになるようにする。あとは中間色のアイシャドウで、黒とブラウンの境界線をぼかすだけ!ここでセロハンテープを剥がして、目の周り全体にアイラインを入れて、涙袋にまぶたと同じブラウンをのせる。目頭に白のハイライト入れてマスカラとつけまつげを付ければセレーナ風アイメイクの完成だ。
参考動画:Selena Gomez Transformation - HANDS TO MYSELF Makeup Tutorial / Jbunzie

ポイントさえ押さえれば、簡単にセレブのメイクを再現できるかも。ぜひ一度試してみてはどうだろう?