貸し切りよ! - 映画『ヒデン・フィギュアーズ(原題)』ポスター
 - Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 NASAで活躍した実在の黒人女性たちを描き、先日発表された第89回アカデミー賞作品賞などにノミネートされた話題作『ヒデン・フィギュアーズ(原題) / Hidden Figures』の出演者たちが、普段は映画を観る余裕がない低所得者にも観てもらいたいと映画館を貸し切ったと The A.V.Club が報じた。

 同映画でキャサリン・ジョンソンを演じたタラジ・P・ヘンソンは、現在住んでいるシカゴで機会を提供。1月22日(現地時間)に映画館チェーンAMCフォードシティ14の一番大きな劇場の午後2時の回の全席を買い取り、無料で鑑賞できるようにしたという。劇場側によると211席中210席が埋まる人気ぶりだったそう。

 EW.comによると、ドロシー役でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたオクタヴィア・スペンサーもロサンゼルスで同様の手段を取ったほか、ポール・スタッフォードを演じたジム・パーソンズもテキサス州ヒューストンで無料鑑賞の機会を提供したという。同映画はアメリカで公開中。(澤田理沙)