26日、RFI中国語版サイトは記事「中国が500億ドルの大金で台湾のアフリカ国交国の切り崩しを図るも失敗=中国政府は荒唐無稽だと否定」を掲載した。中国政府は大金をちらつかせて、台湾と断交するよう迫ったと台湾メディアは報じている。

写真拡大

2017年1月26日、RFI中国語版サイトは記事「中国が500億ドルの大金で台湾のアフリカ国交国の切り崩しを図るも失敗=中国政府は荒唐無稽だと否定」を掲載した。

アフリカで台湾と国交を結んでいるのはブルキナファソとスワジランドの2カ国を残すのみだ。中国政府は大金をちらつかせて、台湾と断交するよう迫ったと台湾メディアは報じている。ブルキナファソの外相によると、500億ドル(約5兆7500億円)という信じられないような大金が提示された。しかし両国は台湾との関係は変えられないと拒否したという。スワジランドの報道官は台湾と国交があることをうれしく思う、長期的な関係にしたいとコメントしている。

中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は26日の定例記者会見で、報道は荒唐無稽だと否定。「一つの中国原則は中国の核心的利益と13億中国人民の感情にかかわるもので、金銭で取引できるものではない。一つの中国問題で取引をすることはない」とコメントした。(翻訳・編集/増田聡太郎)