いつも「なんでこの人を選んじゃったの!?」と思わずこっちが泣きたくなるような人と交際している友人、はたまた自分自身がダメ恋愛ばかりしているというあなた。今回はなぜ、そんなダメ恋愛ばかりをしてしまうのか理由を探ってみました。

ネガティブなフィーリングでつながりあってしまう

お互いにヒドイ恋愛ばかりをしてきたからその裏切られる気持ちがわかるという形で恋愛がスタートすることが多いなんてことはありませんか? 類は友を呼ぶということわざ通り、ネガティブなフィーリングを持っているとどうしてもそういう人たちが寄ってきてしまいます。同じ気持ちを抱えている人といると居心地よく感じてしまうものなのですが、ネガティブなフィーリングの場合、這い上がることはなく、どんどん落ちていってしまうことの方が多いのです。

いい恋愛ができるという自信がない

ダメな恋愛ばかりしている自分に素敵な恋人なんてできるわけはないと思っていませんか?そう思っていると、自分に寄ってきたどうしようもない人のことを「わたしのことを好きだと言ってくれるなら……」と思い、そういった人を好きになってしまうのです。その自信のなさはダメな人に伝わってしまうため、あなたの元へとダメ人間が寄ってきてしまうのです。

恋愛以外興味があることがない

恋愛が趣味になってしまっていませんか? 恋愛が趣味になっていると恋人がいないという状況が耐えられなくなるため、誰でもいいからとりあえず恋人をと思ってしまうため、ちゃんと相手の中身を見ずになんとなく恋をしている気になってしまうことが多いのです。
ほかに興味があること、がんばっていることがあるとそれらに自分の時間を使いたいと考えるため、自分にとって意味のない恋愛に時間を使うことはないはずなのです。

自分なら相手を変えることができると思ってしまう

どうしようもないような男性に出会うと「よし、わたしがなんとかしてあげなくちゃ」と思ってしまう傾向がありませんか? 自分の力で彼を幸せにしてあげようとする優しさがあるのはいいことなのですが、結局は本人が変わりたいと思っていない限り状況はなにも変わらないのです。相手をいい人間に変えようとあなたが頑張っているのにまったく相手は変わろうとせず、だんだんと恋人のダメなペースに引きずり込まれていってしまう、そんな恋愛をくりかえしていませんか?

愛があればなんとかなるんだと思ってしまう

愛があればどんなことも乗り越えられると思っていませんか? たしかに恋愛関係において愛がないことにはなにも始まらないのですが、金遣いがあらいとか身体的、言葉の暴力を振るうような人は愛があっても離れた方がいい恋愛だってあるのです。愛があってあなたのことを大切にしてくれる人なんて山ほどいるんですよ。