10代〜20代前半の頃は「30代」だなんてなんだかとてつもなく先のように思えて、今の自分と比べると、ものすごーく大人、一歩間違えたら「つまらないオバサン」になってしまっているんじゃないか……と恐怖に近いイメージが強かったもの。でも、あれ? あれれ? 30代ってなんだか楽しい。思っていたほど悪くない。むしろなんだかラクなんですけど。そんな声は意外と多い。今回は30代、いわゆる「三十路(みそじ)」のよさについてご紹介します。

ファッション

若い頃は流行カラーのアイテムを手あたり次第集めてみたり、まわりの友だちと同じような髪形やメイクをしたり、ブランドバッグやアクセサリーに頼ってみたり……自分に似合うかどうかはさておき、「とにかく流行第一」だった女子が多いのでは? 30代にもなると、自分の体型や雰囲気に似合うもの、また自分自身がほんとうに好きなものが少しずつ明確になってきます。「はやってるから」ということだけでとびつくのではなく、「着心地がいい」「体系がキレイに見える」「着ていてしっくりくる」といった確実な理由でファッションを選べるように。衝動買いやムダ使いが減るので、お財布にも優しく買ってから後悔するということも随分と少なくなります。

仕事

社会人になりたての頃は、とにもかくにも仕事を覚えてがむしゃらにこなすことが最優先。時には上司や先輩・お客様に怒られつつ、いかに仕事に早く慣れて「自分でコントロールできるようになるか」が大事ですよね。社会人経験が10年近く積み上げられた30代は、自分の仕事のやり方やピンチのときの対処法、キャリアプランなどがかなり明確になってきます。部下を持つ立場になるのもこの頃。
転職してよりやりがいのある仕事にチャレンジしたり、自信をもってこなせる今の職場でさらなるキャリアアップを目指したり……と道はさまざま。仕事にハッキリと「やりがい」を持てるようになり、自分の意志で仕事を動かせるようになる醍醐味は格別でしょう。

恋愛、結婚、人間関係

30代は過去の恋愛経験から、自分に合うパートナー像が少し明確になってくる頃。結婚相手に求める理想条件の優先順位も20代の頃よりハッキリしてくるでしょう。対人関係においても、苦手なタイプ・気が合うタイプがハッキリとしてきて、ムダな付き合いも減ってくるはず。無理をしすぎず、信頼できる人たちと適度な距離感で心地よい関係を築けるようになる30代の対人関係は20代のころに比べるとかなり快適。
もちろん時には苦手なタイプの人と関わることもありますが、嫌みのひとつやふたつくらいは上手に交わせる術が身についているので、人間関係が大きくこじれることも少ないでしょう。20代で結婚した人は、旦那さまとの関係が落ち着いてきて恋愛時代とはまた違う、心地よい関係を築けるようになってくるはず。

ほかにも、料理の腕が達してくるので自炊で大きな失敗がなくなり、おうちごはんが楽しくなる、といった声も。なにかと「自分らしく」ラクに楽しめるようになる30代。もうすぐ30歳になってしまう……と怯えている20代後半のみなさんは、恐れることなくワクワクとした気分で三十路の扉をたたいてみてはいかが?