手がかじかむ日でも大丈夫!

寒い。冬は寒いとわかってるけど、寒いと言わずにはいられない寒さ。寒い。スマートフォンをポケットから取り出してアンロックしなけりゃならないが、手袋とりたくない。寒い。画面スクロールも、タッチも、メッセージするのも手袋したまましたいからこそ存在しているのがスマートフォン用手袋。あれ、じゃあ、アンロックはどうするのでしょう。Appleならば指紋認証Touch ID、画面アンロックするために手袋外してるようじゃスマホ用手袋の意味はないし…。大丈夫、ちょっとしたライフハックあります。

米GizmodoのWarren記者が、自分の持つ手袋あれこれで使い続けているライフハックというのがこれ。手袋着用の指を指紋認証の設定に追加するだけ。追加方法も簡単。iPhoneの「設定」から「Touch IDとパスコード」へ、「指紋を追加…」を選択。あとは、追加のステップに従って手袋をした指を端末に記憶させていきます。


170127_iphone_touch_id_gloves.jpg


スマホ用手袋ならば、これで一切手袋をとる必要がなくなります。ただ、手袋の素材やデザインによっては指紋認証に登録できないものもあるので注意。しかしね、セキュリティ的にどうなのかと言われればダメです。だって、この手袋さえあれば誰でも端末アンロックできるってことですから。あくまでも、寒さ対策という点に限ったライフハックということで。ね。


image: Alex Cranz/Gizmodo

Christina Warren - Gizmodo US[原文
(そうこ)