彼ママにご挨拶♡

写真拡大 (全15枚)

彼とお付き合いしていく以上、避けては通れない道……それが「彼ママ」。内心は付き合いたくないと思っていても、どうしても一度はご挨拶しなければいけません。そこで今回は、彼ママにご挨拶するときのファッションポイント&マナーをご紹介します。

ワンピースorスカートで女の子らしく




彼ママと会うことは、いわば就職活動の採用面接のようなもの。就活時はパンツスタイルが許されていても、やはり目上の人からウケやすいのはスカート。相手がなんといっても彼ママですから、ワンピースでもお上品っぽくて素敵♡

おすすめのワンピース&スカート


スカートといってもスタイルが強調されるようなパツパツとしたタイトスカートは禁止。タイトというよりも、品性や知性が見え隠れするようなふんわりとしたコーディネートを心がけましょう!


SOUP レースドッキングボーダーツイードワンピース / ¥15012 / ジョーゼット×レースのブラウスにラメ入りのボーダーツイード生地をドッキングさせた上品なワンピース。ウエスト周りにタックをあしらった丸みのあるシルエットが女性らしい着こなしを演出します。


BEAMS LIGHTS  ウォッシャブル 袖口リボン ワンピース / ¥15120 / 袖口にあしらったリボンデザインが可愛らしいワンピース。彼ママにご挨拶するときにはもちろん、パーティシーンにもお勧めのアイテムです。


Spick & Span カクレスリット タックスカート / ¥16200 / 程よくハリのある素材感やタック使いで立体感のあるシルエットが美しいスカート。ウエストのメリハリを強調し、女性らしさをグンとアップさせてくれるデザインが魅力。ベーシックな色がおすすめです!


Andemiu ボンディングリバースカート / ¥5767 / 配色のリバーシブルスカートです。程よいハリ感とツヤ感がある生地を使用。1枚で2色楽しめるスカートです。

この日だけはスニーカーを封印して!


最近はスカートやワンピースに、あえてスニーカーを合わせるファッションがトレンドになっていますが、おそらく彼ママ世代からしてみれば「なぜ、スニーカー?」と思うはず……。それにあくまでも、彼ママとのティータイムはプライベートというよりもフォーマルな場所になります。



できればスニーカーではなくヒールやパンプス、冬の場合はショートブーツを履いて、足元までお上品に仕上げておきましょう。

こんなシューズがおすすめ



Fin リングヒールパンプス / ¥10584 / ヒール部分にリングをはめた様なデザインが可愛いパンプス。結婚式・二次会などお呼ばれスタイルにもオススメです!


R&E ツイストバックルストラップセパレートパンプス / ¥7452 / すっきりとしたシルエットと落ち着いたカラートーンで、上品に仕上げたパンプス。デザイン性の高いツイストバックルがポイントです!


Odette e Odile サイドベルト ショートブーツ / ¥8424 / 華奢なワンベルトがアクセントになったクラシカルなショートブーツ。くるぶしが見え隠れする丈感でスタイリングに取り入れやすい絶妙バランスをキープしてくれます。

どこかにパールをプラスしてより華やかに


ゴテゴテのアクセサリーをつけるのは禁止。ただコーデのどこかに、ほんの少しだけパールを足すと、より華やかな印象になります。



たとえば、シンプルなワンピースだと地味な印象になってしまうので、パールのネックレスをつけて、中央に華やかさをプラス。



そこまで目立たせたくない場合は、パールが入っているピンキーリングをつけたり、ヘアアクセとして取り入れるといいでしょう♡

おすすめのアクセサリー



スターパールビジュークリップ【PLAIN CLOTHING】 / ¥1166 / さりげなく、可愛さプラス。


LAURA ASHLEY コットン パール ネックレス / ¥4212 / 5粒のコットンパールにサイズグラデーションをかけたネックレスです。


Fun & Daily パール&クリスタル・スパイラルリング / ¥1296 / 指元にもパールをプラス♡

手土産は絶対に忘れずに!


ファッションやメイクにも細心の注意を払わなくてはいけませんが、肝心なものを忘れてはいけません。それは、当日お母様へお渡しする手土産です。手土産としてふさわしいのは、そのとき流行っているというよりも、昔から有名で、なおかつ歴史ある老舗の和菓子や洋菓子を用意しておくといいでしょう。(ちなみに、筆者も先日彼ママにご挨拶させていただきましたが、そのときは自由が丘に本店がある「黒船」のカステラ・どらやきセットを持参しました!)

彼ママの世代や趣味嗜好もふまえたうえで手土産を選ばなくてはいけません。事前に彼にお母様の好みを聞き、予定が合うなら一緒についてきてもらいましょう。

何事も第一印象が大切!


最初の一歩を踏み外さなければ、その後も彼ママと友好な関係を築けるでしょう。ファッションやメイクなど基本マナーのおさらいも忘れずに。
(山口 恵理香)