Doctors Me(ドクターズミー)- 夜食は心身に悪影響が…どうしても食べたいときにオススメの夜食とは?

写真拡大

夜遅い時間に夜食をついつい食べてしまったりしたこと、ありませんか?

夜中に食べるカップラーメンなどは確かにおいしいですが、体にはあまりおいしくない影響があるのです。

今回は医師に夜食が体に与える影響、夜食にNGな食事、どうしても食べたいときにおすすめの夜食を解説していただきました。

医学的にオススメしない夜食は夜何時以降?


夜食は、寝る直前に食事を摂ることがほとんどなので、夜食で摂取したエネルギーはその日のうちに使用されることなく、そのまま蓄積してしまいます。

また、脂肪の合成を促進したり、血糖値を高める働きをもつBMAL1と呼ばれるタンパク質が、22時から2時に非常に多くなり、体内リズムを調整していることから、夜食を摂るのであれば、この時間帯を外すようにするのが良いと考えられています。

夜食のメリット


夜遅くまで勉強や仕事をする方などが、お腹がすかずに作業を行える、というメリットはあると考えられます。

夜食による健康リスク


肉体面


夜間、寝る前にカロリー摂取をすることによって、肥満、糖尿病や脂質代謝異常症などのリスクを上げる可能性があります。

精神面


翌朝、胃もたれなどによって気分がすぐれなかったり、不規則な食事によって気分にも影響を与える場合があります。

睡眠


夜間、寝ている間に消化を行うことが睡眠の質の低下につながることが懸念されます。

夜食に食べるとNGな食材、飲み物


揚げ物


カロリーなどがどうしても多くなりますし、寝る前に高脂質なものを食べることも心配です。

ケーキ類


糖質、脂肪分いずれも高く、胃腸に負担をかけますし、血糖値も乱高下し虫歯などのリスクも高まります。

ラーメン


夜に食べたくなるという方がいますが、カロリー、脂肪分に加え、塩分も高く、夜食には向かないメニューといえます。

どうしても夜食べたいときにオススメの夜食


甘みの少ないゼリー


満足感もあり、消化も悪くないのでオススメといえます。

ところてん


低カロリーで満足感があると考えられます。

野菜スープ


クリームスープではなく、クリアなコンソメスープなどなら、胃腸に負担も軽く、オススメできますね。

夜にお腹が空かないの生活習慣


■ 早めに寝る

■ 仕事などで早い時間に夕食を取れない場合も、通常の夕食の時間帯に軽く何かつまんでおく

■ アルコールは食欲を増進するので、できるだけ控える

最後に医師から一言


生活習慣によっては、毎日のように夜食を召し上がるという方もいらっしゃると思いますが、夜食は長期的には肥満や成人病の大きな危険因子になります。

少しでもヘルシーな内容や、生活時間を早めるといったことを心がけていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)