遊川和彦の監督デビュー作に出演! 菅野美穂、阿部寛、天海祐希

写真拡大

 テレビドラマ「家政婦のミタ」などの脚本家・遊川和彦が初めてメガホンを取った映画『恋妻家宮本』の初日舞台あいさつが28日、TOHOシネマズ日劇で行われ、遊川監督をはじめ阿部寛、天海祐希、菅野美穂、佐藤二朗、富司純子らが登壇、本作を手掛けるにあたって、俳優陣に込めた思いを遊川監督が語った。

 本作は、人気作家・重松清の小説「ファミレス」を原作に、遊川監督ならではのユニークな脚色を加味した物語。子どもが巣立ち、夫婦ふたりだけになった“恋妻家”の夫(阿部)とその妻(天海)の生活を描く。

 脚本家として数々のヒット作を生み出した遊川監督だが、本作で30年越しの夢をかなえ映画監督デビュー。その指導は厳しいといわれるため、撮影前、遊川監督とタッグを組んだことのある天海と菅野は、「緊張した」(天海)、「またしごかれるのかと思った」(菅野)と不安な気持ちを抱いていた様子。だが、阿部は「とても温かい現場でした」と振り返り、富司も「監督がとにかく楽しんで撮影していらっしゃるのがよくわかる」と語るように、実際は和気あいあいとした雰囲気だったという。

 その理由を遊川監督は、「各俳優がいままで見せたことのない顔を見せたい」という考えがあったからだと告白。天海については、「主婦が一番似合わない」と厳しい言葉で称しつつ、「でも実はちゃんと主婦役ができることを見せたかった」と述懐。さらに、菅野に対しては「実力があるのに、いま(撮影時)はちょっとさぼっているからもっと力を出してほしい」と思ってのことだったと語る。

 また阿部は、「この脚本が気に入らなければ、帰ってください」と遊川監督に言われたことも明かし、「それほどの覚悟を持っていらっしゃるのだ」と感銘を受けたと述懐。そして最後に、遊川監督が俳優の立場に立ってくれる監督だったと語った後で「無名塾を受けて落ちたんでしたっけ?」とその過去に触れ、笑いを誘う場面も。「これからもいい作品を撮ってください」と監督としての門出にエールを送った。(取材・文:尾針菜穂子)

映画『恋妻家宮本』は全国公開中