ゴロゴロするなよっ! 夫が、妻を女性として見られなくなる理由・6つ

写真拡大

いつまでも仲のいい夫婦でいるためには、普段からスキンシップを心がけるなど、お互いに努力が必要になってくるもの。ただ一緒にいるだけでは、同居している他人になってしまいますものね。今回は、妻を女性として見られなくなる理由を、結婚している男性たちに聞いてみました。

■家でだらけているとき

・「家の中でぼさぼさ頭でゴロゴロしていたり、身なりをきちんとしていないと、異性として見られなくなる」(39歳/その他/営業職)

・「家でぐうたらしているとき。化粧をしないとき」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

家族になってしまえば、無防備な姿を見せられることもありそうです。それが家族なのかもしれませんが、女性らしさはあまりない姿ですよね。

■子どもが生まれたとき

・「子どもが生まれてきたときに、父親・母親になってしまう」(39歳/ソフトウェア/技術職)

・「子どもができると女性というよりもお母さんになってしまう」(38歳/その他/その他)

子どもが生まれると、どうしても、お互いに父親・母親としての面が強くなってしまうのではないでしょうか。女性らしさより、母性が勝ってしまうのは仕方がないかもしれませんね。

■太ってきたとき

・「太ってきて横になってお菓子を食べているとき」(37歳/機械・精密機器/技術職)

・「太ってきて体型が変わってきたとき」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

結婚すると太ってしまう女性も少なくないかもしれません。以前の姿と比較をしてしまいますから、魅力はなくなってしまうのかもしれませんね。

■家族に思えるとき

・「長く一緒に過ごしていると、友だちや家族のような感覚になるので異性として見られなくなると思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「家族としか思わなくなると魅力がなくなる」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ずっと一緒にいると、パートナーを見る見方も変わってしまうのかもしれません。女性として見ていた相手も、家族としてしか見られなくなることもあるかもしれませんね。

■慣れてしまったとき

・「長い期間を経ることで慣れるからだと思う」(37歳/建設・土木/営業職)

・「慣れが原因だと思う。いつも一緒にいると、それが当然のようになるから」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ずっと一緒にいることで、ドキドキなどもなくなってしまうのかもしれません。女性として見られないのではなく、見なくなってしまっているのかもしれませんね。

■すっぴんが平気になったとき

・「毎日ノーメイクとか、本人が女を意識しなくなったとき」(37歳/金融・証券/事務系専門職)

・「すっぴんや色気を感じる場面が少なくなるから」(37歳/小売店/営業職)

女性らしさと言う点でメイクをしないなど、手抜きをするようになると、女性らしさはなくなってしまうようです。いつまでも女性として見てもらうには、本人の努力も必要ではないでしょうか。

■まとめ

結婚してある程度経過すると、妻を女性として見られなくなる夫は多いのかもしれません。妻のとしても、女を磨こうという努力が足りなくなったり、手抜きをしてしまったりすることが原因のようです。幸せな結婚生活のためには、お互いにキレイであろうとする努力は必要なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日〜12月30日
調査人数:147人(25歳〜39歳の既婚男性)