町田に新加入するDFボリス・タタール

写真拡大

 FC町田ゼルビアは28日、モンテネグロ出身のDFボリス・タタール(23)を獲得したと発表した。フィンランドリーグのラハティFCからの完全移籍で、背番号4を付ける。

 同選手は母国でデビュー後、オーストラリアやフィンランドのクラブに在籍するなど、23歳にして国外リーグでのプレー経験が豊富な選手だ。またU-17、U-19、U-21とモンテネグロの世代別代表を経験している。

 182cm、80kgのタタールだが、持ち味は「アグレッシブなプレーや、1対1でのスピードや強さ」だという。クラブを通じ「チームのために頑張りますので、皆さん早く私の名前を覚えて、応援してください」とあいさつしている。


●2017年Jリーグ移籍情報