暑さに苦しめられながらも1打差に詰め寄ったキム・キョンテ(撮影:小路友博)

写真拡大

<レオパレス21ミャンマーオープン 3日目◇27日◇パンラインGC(7,103ヤード・パー71)>
12番で首位を走る宮里優作を捉え、首位に並んだ韓国の実力者、キム・キョンテ。しかし、終盤にスコアを落としてしまい1打差の2位で最終日を迎えることとなった。
【関連ニュース】
宮里優作、青木功の御前で魅せた!2日連続のノーボギーRで単独首位に
2日間で4回池ポチャしても12位タイ!星野陸也のリフレッシュ法は?
レオパレス21深山英世社長、再来年以降も大会のスポンサードを継続か
復帰戦予選落ちのタイガー・ウッズ ピークはマスターズ!
「ギャラリーのおかげ」松山英樹、予選落ち危機から起死回生イーグルで決勝へ