やっちまった! 既婚男性が送った「間違いLINE」6つ

写真拡大

気軽に相手にメッセージを送れることが、LINEの大きな利点とも言えますが、簡単にメッセージを送れるため、つい送らなくていいことまで送ってしまうことも。既婚男性が「やってしまった!」と思う、間違いLINEを教えてもらいました。

■ほかの女性に送るつもりが……

・「職場の女性との食事の約束の内容を、妻に送ってしまった」(36歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・「女友だちに送ったつもりが妻に届いてた」(32歳/医療・福祉/専門職)

女友だちとのLINEのやりとりは、妻には内緒でこっそりと送っている男性もいるのではないでしょうか。友だちに送ったつもりが、宛先が妻になっていたこともあるようですね。

■浮気相手に送るはずが……

・「浮気の彼女に送るLINEを別の女友だちに送ってしまったこと」(39歳/金属・鉄鋼・化学/クリエイティブ職)

・「浮気相手と間違えて、妻に送ったこと。内容は問題なかったのでよかった」(31歳/不動産/事務系専門職)

浮気相手に送ろうとして、間違えて他人に送ってしまったという人も。妻に送ってしまった場合、ただの間違いメッセージでは済まないこともありそうです。

■妻に送るつもりが……

・「嫁さん宛てに送るメッセージを職場の先輩にLINEしてしまった」(38歳/金融・証券/事務系専門職)

・「妻に送るはずのメッセージを、間違えて会社の同僚に送ってしまったこと」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

中には妻に送るつもりのメッセージを、間違えて会社の人に送ってしまった男性もいるようです。普段の生活をのぞかれたようで、恥ずかしい思いをしますよね。

■スタンプを送った

・「全然関係のない人にLINEのスタンプを送ってしまった」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

文章を書くのが面倒くさいときに、スタンプで対応しようとすることもあるもの。ちゃんと宛先を見ないと、関係ない人に送ってしまうこともあるようですね。

■愛の言葉を送った

・「愛してるとか、普段言わない言葉を入れてしまったとき」(37歳/機械・精密機器/技術職)

・「ラブラブメール。やってしまったって気持ちになる」(39歳/不動産/営業職)

いつもは絶対に送らないような愛の言葉を、うっかり送ってしまった男性もいるようですね。酔っ払ったときなどに、勢いで送ることもあるのではないでしょうか。

■誤字脱字

・「誤字脱字なら頻繁にやっています」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「誤字脱字。酔っ払ったときの大きな気持ち」(35歳/自動車関連/営業職)

あまりにも誤字脱字の多いメッセージは、頭の悪さを露呈してしまうもの。ちゃんと確認して送らないと、痛い人だと思われてしまいそうですね。

■まとめ

ほとんどの人が送り先を間違えて、恥ずかしい思いや恐ろしい思いをしたようですね。LINEを送るときは、宛先を確認して送らないと、あとで後悔してしまうことも。送る前に一度、宛先確認をするようにしましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日〜12月30日
調査人数:147人(25歳〜39歳の既婚男性)