2017年1月の「CMモデル人気ランキング」が発表!気になる1位は…

写真拡大

2017年1月、CMモデルブランド評判調査結果、1位がコン・ユ、2位がキム・ゴウン、3位はパク・ボゴムであることが分かった。

韓国企業評判研究所は、2016年12月26日から2017年1月27日まで、20人のCMモデルのブランド・ビッグデータ5419万7260件を分析し、消費者のブランド参加や疎通量を測定した。昨年12月のCMモデルのブランド・ビッグデータ3968万4915件と比べると、36.57%増加した。

ブランド評判指数ブランド・ビッグデータを抽出し、消費者の行動を分析、参加価値、疎通価値、メディア価値、ソーシャル価値に分類し、加重値を置いて出された指標である。ブランド評判分析においては、参加指数、疎通指数、評判指数を分析した。

2017年1月のCMモデルのブランド評判ランキングは、コン・ユ、キム・ゴウン、パク・ボゴム、ユ・ジェソク、ソン・ジュンギ、チョン・ジヒョン、ペク・ジョンウォン、キム・テヒ、カン・ドンウォン、イ・ミンホ、ヒョンビン、キム・ユジョン、リュ・ジュンヨル、キム・ヘス、miss A スジ、イ・ハニ、キム・スヒョン、AOA ソリョン、IU(アイユー)、ハン・ヒョジュの順となった。

1位となったコン・ユのブランドは参加指数552万7700、疎通指数166万9833と分析され、ブランド評判指数719万7533となった。12月のブランド評判指数である633万7327と比べると13.57%伸びている。

2位となったキム・ゴウンのブランドは参加指数507万300、疎通指数200万3958と分析され、ブランド評判指数707万4258となった。12月のブランド評判指数である528万7861と比べると33.78%伸びている。

3位となったパク・ボゴムのブランドは参加指数299万1000、疎通指数147万9258と分析され、ブランド評判指数447万258となった。12月のブランド評判指数である209万7251と比べると113.15%と急騰した。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「2017年1月のCMモデルブランド評判を分析したところ、コン・ユのブランドが1位を記録した。コン・ユは映画、ドラマで相次いで大ブレイクを記録し、ソーシャルメディアに馴染んでいる10代、20代、30代だけでなく、マスメディアに馴染んでいる40代や50代まで多様なファンを確保している。何よりコン・ユへの女性消費者たちのポジティブ割合が非常に高い。ブランド・ビッグデータを分析した結果、コン・ユへのポジティブ割合は98.55%となった。昨年12月よりポジティブ割合が高くなり、新しい記録を立てている」と話した。