BEAST ヨン・ジュンヒョン、盗作疑惑に遺憾「本当にそっくりで残念…発売するべきではない」(全文)

写真拡大

BEAST ヨン・ジュンヒョンが作曲家Stay Aloneの盗作疑惑について、残念だと話した。

27日午後、ヨン・ジュンヒョンは自身のInstagram(写真共有SNS) に「多くの方々が混乱しているようだし、事実を知っていながらも何も申し上げないのは本当に申し訳ないと思って今この文を書いている」と書き込みを掲載した。

彼は「昨年末にその作曲家の方から、『あなたたちの音楽が大好きな新人作曲家だ』と連絡が来た。その方が作った曲を送ってもらったことがあるが、その時もらったデモの中に今議論になっている曲が入っていた。その作曲家に、これは『Ribbon』とそっくりだ、と伝え、彼も『Ribbon』を参考にして作った、と言った」と話した。

さらに「それでこれは発売してはいけない気がすると話したし、発売されるとは聞いていなかった。僕たちが作った音楽が誰かにインスピレーションを与え、新しい作品が生まれることは本当に良いことだと思うが、このような状況になってみるとものすごく残念だし、僕たちだけでなく、他の作曲家の方々にもあり得る事なので本当に残念だ」と述べた。

これに先立ってネットコミュニティを中心に、B.HEARTのデビュー曲「実感」がBEASTの「Ribbon」を盗作したという疑惑が提起された。すると「実感」を作曲したStay Aloneは「聴く人によっては、似ているように聴こえるかもしれないが、比較するとメロディーの類似性があるとは思いにくい」と盗作を否定しながらも、「Ribbon」を手掛けたヨン・ジュンヒョンと作曲家キム・テジュに申し訳ない、と謝罪した。

次はヨン・ジュンヒョンのコメント全文である。

多くの方が混乱しておられるようで、事実を知りながらも何も申し上げないのはあまりにも申し訳ないと思ってこのように書いてみます。

その作曲家の方から昨年末に「私はあなたたちの音楽が本当に好きな新人作曲家です」とキム・テジュ(ヨン・ジュンヒョンと共に「Ribbon」を手掛けた作曲家) 宛てに連絡が来たんです。その方が作った曲を送ってもらったことがありますが、その時もらったデモの中に今議論になっている曲が入っていました。テジュは、その作曲家の方にこれは「Ribbon」と似ていると伝え、その方も「Ribbon」を参考にして作ったと話したそうです。

だから、これは発売してはいけないと思うと話したし、発売されるという話は聞いていませんでした。私たちが作った音楽が誰かのインスピレーションになって、新しい作品が誕生するのは、本当に良いことだと思うが、今、このような状況にとても遺憾で、私たちだけでなく他の作曲家の方々にも有り得ることなので、あまりにも残念です。

このように文を書いている今も心がとても痛みますが、もはやこのようなことを収集するには私の手に負えないので、ここに自分の気持を書いて残します。

一方で、今、このような行動が軽率ではないだろうかと少し心配ですが、私たちの音楽を愛してくださっている方がもう傷つかないようにと願う気持ちで書いています。

旧正月連休中、皆さん楽しくお過ごし下さい。

ネット上で“BEAST盗作議論”が勃発…B.HEARTの所属事務所がコメント

“BEAST盗作疑惑”作曲家Stay Aloneが謝罪「盗作でないが、もっと慎重になるべきだった」(全文)