テニスの全豪オープンで男子シングルス決勝に進出した世界ランク9位のラファエル・ナダル(スペイン)【写真:Getty Images】

写真拡大

29日の決勝でフェデラーと激突へ

 テニスの全豪オープンで男子シングルス決勝に進出した世界ランク9位のラファエル・ナダル(スペイン)。準決勝では同15位のグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)を4時間56分の激闘の末に破り、3年ぶり4度目の決勝進出を引き寄せた。

 昨年は左手首の負傷で全仏オープンを途中棄権。その後のウィンブルドン選手権も欠場するなどケガに苦しむシーズンとなった。しかし、迎えた今大会は復調を遂げ、2014年の全仏オープン以来となるグランドスラム決勝に進出。29日には宿命のライバル、ロジャー・フェデラー(スイス)と雌雄を決することになった。

 そんな30歳に関して、スペインの地元紙が「ナダルが好調を取り戻した5つの理由」と題して、復調の要因を分析している。スペイン地元紙「マルカ」電子版が伝えている。

 同紙が挙げた第1の要因は同郷で元世界1位のカルロス・モヤ氏との契約だ。昨季までミロシュ・ラオニッチ(カナダ)のコーチを務めたモヤ氏とのタッグは奏功しているようで、記事では「オーストラリアでのナダルの試合は目に見えて変化が出ている」とレポートしている。

「ラケット」も要因の一つに、「特にサーブで効果が出ている」

 また、2つ目の要因としてラケットを挙げており、本人も「少し修正したんだ。ラケットの先端を少し重くした。ストロークでよりダメージを与えるようにね。特にサーブで効果が出ている」と手応えを示しているという。ラケットのマイナーチェンジも、モヤ氏の進言によるものだったようだ。

 そして3つ目にはフォーム矯正などに象徴される影の努力、4つ目にはサービスのバリエーション、5つ目にはスケジュール面の戦略が挙げられており、記事では地元・マジョルカ島にある「ラファ・ナダル・アカデミー」でモヤコーチらとフォーム、リズムの改善に取り組んだことを特筆。癖を矯正し、バックハンドのストロークのパワーと正確性を高めることに成功したと伝えている。

 一方のフェデラーも昨季は左膝の負傷のため後半戦を欠場し、治療に専念。復帰直後にもかかわらず、決勝へと駒を進めた。専門家からは35歳にして「進化している」との声も出ている。

 29日の大一番ではどちらに軍配が上がるのか。これでまでは34度の対戦で、ナダルの23勝11敗。決戦の行方が注目される。