園子温監督へ全幅の信頼を寄せる
主演の冨手麻妙、共演の筒井真理子

写真拡大

 成人映画レーベル「日活ロマンポルノ」リブートプロジェクトの1作「アンチポルノ」が1月28日、東京・新宿武蔵野館で公開され、主演の冨手麻妙、共演の筒井真理子、メガホンをとった園子温監督が舞台挨拶に出席した。

 「最もセンセーショナルなレーベル」と評された日活ロマンポルノを、5人の人気映画監督が復活させた同プロジェクト。「アンチポルノ」は、小説家兼アーティストとして一世を風びする京子(冨手)とマネージャー典子(筒井)の過激な関係性を、極彩色で描いている。

 園監督の秘蔵っ子である冨手は、今作で単独初主演かつヌード初挑戦。余韻に浸る客席に向け、「上映後のお客さんの前に出るのは初めて。緊張で、京子のように吐きそうでした」と胸中を吐露。ロマンポルノに初めて挑んだ園監督は、「久しぶりに自分を出し切った映画。見ていただいて喜ばしいです」と述べた。

 そんな園監督に、冨手は「園監督への大きな愛情を全部爆発させることが出来た作品です」と明かす。そして「そういうことを言うと、すぐ『園子温の女』とか書かれてしまいますが、そういう次元の低さではなく、もっと深い関係性があると示せたと思います」と胸を張り、「女優人生のスタートラインに立てたと思っています。大きな女優になっていきたいです」と決意を新たにしていた。

 さらに冨手は、今作は男性が性処理のために女性を消費していることへのアンチテーゼだと説き、「女性の裸が消費される世の中で、私の裸が単純に消費されないような作品を撮ってくれた」と感謝をにじませる。印象的なセリフとして「『男は立ったまま小便する、便器すら見下している』が印象的。『まさにそうだよ!』と思いました」と語り、絵の具まみれになるシーンもあっただけに「体の穴という穴に絵の具が入ってしまい、1週間くらいは鼻水がカラフルになっていました」と苦笑していた。

 また「今、アンチしたいことは?」と問われた園監督は、「タバコ」を挙げた。「一昨日禁煙外来に行き、2日目なので。150回くらい禁煙を約束し破ってきたので、強い決意です」と毅然と言い放ったものの、この日の差し入れにタバコがあったことを暴露されると、「禁煙外来って、1週間は吸わなきゃいけないらしい。お医者さんがそう言っていた。すぐに1週間が来るので、差し入れにタバコ禁止です」とタジタジに。一同から「説得力がない!」とツッコミを入れられていた。