【同じシステムを搭載】トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドはアクアと何が違うのか?

写真拡大 (全26枚)

パワーユニットはまったく同じだが燃費は軽さと空力でアクアが優れる!

トヨタのHV戦略はとどまることを知らないようだ。ここ最近でもC-HRが華々しくデビューし、そしてトヨタを代表するコンパクトカー、欧州でも人気が高く、WRCでも活躍するヴィッツ(輸出仕様名ヤリス)にも待望のHVグレードが加わっている。

が、トヨタには同じBセグメントのHVカー、「世界最高燃費」を誇っていたアクアがある。しかもヴィッツのHVシステムはアクアとまったくいっしょ。1.5リッターエンジン(74馬力/11.3kg-m)+モーター出力(61馬力/17.2kg-m)、ニッケル水素バッテリー20個、6.5AhというHVパワートレーンのスペック、EVモードを備える点でも同じなのである。

厳密に見れば、アクアのほうが全長で50mm、ホイールベースで40mm上まわり、やや格上感はある。しかしまず注目したいのは、格上のアクアのほうがモード燃費に優れていること。具体的にはアクアが最高37.0km/L、ヴィッツHV34.4km/Lだ。

ちょっとだけコンパクトなヴィッツHVのほうが下まわることに違和感を覚えるかもしれないが、答えは明快。

じつは、アクアはそもそもHV専用車として世界一の燃費を追求するため徹底的な軽量化が計られ、全高もヴィッツに対して45mm低いため、車重はヴィッツHVの1110kg(Jewela/U/スポーティーパッケージ)に対して1080kgと30kg軽く、車高が45mm低いぶん走行抵抗、空気抵抗が少ないからだ。

とはいえ、まだヴィッツHVは未試乗だが、両車ともにクラストップレベルの実燃費をたたき出してくれることは間違いない。ただしヴィッツHVのほうが10万円程度高価(ヴィッツHV JewelaとアクアSの比較)。これもアクアのHV専用車に対して、ヴィッツはあとからHV化した違いと推測できる。

後席はヴィッツでラゲッジはアクアとそれぞれに強みをもつ

ただし、ヴィッツは17年1月のHV追加に伴い、エクステリアをビッグチェンジ。最新のプリウスと共通する新しいトヨタ顔を採用。新鮮味という点ではヴィッツHVがややリードする印象を持てるかもしれない。

さて、価格、車格、燃費性能はともかく、200万円以下で買える両HVの選び方だが、好みは別として、決め手はパッケージング、特に後席、ラゲッジの違いになるはずだ。

ズバリ、前席頭上の余裕、後席の乗り込みやすさ、ひざ回り空間のゆとりでは、意外にもヴィッツHVがリードする。

具体的には身長172cmの筆者のドライビングポジションで前席の頭上スペースはヴィッツが170mm、アクアが150mm。リヤドアからの乗降幅はヴィッツ165mm、アクア240mm。後席に座ったときの頭上スペースはヴィッツ110mm、アクア100mm。ひざ回り空間のゆとりはヴィッツ175mm、アクア160mmとなる。これはヴィッツのほうが天井が高く、ややアップライトな着座姿勢を取れるからである。

シートサイズに関しては、座面が長めなのはヴィッツ(ヴィッツ480mm、アクア460mm)、幅方向にゆとりがあるのはアクア(アクア1310mm、ヴィッツ1270mm)だ。

一方、ラゲッジスペースはサイズ的に余裕あるアクアが優位。幅方向は両車1000mmと同一だが、ラゲッジフロアの奥行きは後席使用時でヴィッツ620mm、アクア710mm、ラゲッジ天井高もヴィッツ710mm、アクア890mm、最大ラゲッジ長ヴィッツ1480mm、アクア1500mmと、けっこう違うのだ。

よって、後席重視ならヴィッツHV、ラゲッジの容量重視ならアクアということになる。

最後にもうひとつ、ヴィッツHVとアクアの違いに触れれば、今流行りのクロスオーバーモデルモデルを選べるのはアクアのみ。X-URBANがそれである。

ちなみに先進安全装備は両車ともにもっとも簡易ではあるものの「トヨタセーフティセンスC」が用意されているので差はない。

【ヴィッツ ハイブリッド画像ギャラリー】