1

自動車の車庫入れは面倒なもので、うっかりミスでぶつけることもあるため、狭い駐車スペースへの車庫入れを敬遠するドライバーは多いものです。人間よりも安全かつ効率的に駐車場を利用するために、ドライバーに変わって全自動で車庫入れ&出庫作業をしてくれる「駐車ロボット」が実用化に向けて試験中です。

セキュリティ機器メーカーのHikvisionが開発中の駐車ロボットによる駐車システムがどれほど快適で便利なのかは、以下のムービーを見れば一発で理解できます。

Parking Robot - Hikvision - YouTube

この板状の薄いロボットがHikvisionの開発する自動車庫入れロボット「Parking Robot」です。



車庫入れロボットは前進後退だけでなく、横方向に移動したりその場で回転することも可能。



天面にはカメラが搭載されています。



天面から荷物を持ち上げるリフトがせり出してくる仕組みです。





駐車場に自動車がやってきました。



ドライバーは所定の位置に自動車を停めて車外に出ると……



そばにあったモニターをタッチ操作。



すると駐車ロボットが自動車がのるパレットごと運搬を開始。



天面のリフトがパレットを持ち上げているので、駐車ロボットは自動車を自由に運べます。



駐車ロボットは真横に動くことも可能。前後にスペースがない状態でも縦列駐車することができます。



自動車を運ぶ駐車ロボットはドライバー不要で自動走行可能。無人の駐車場を自動車をのせた駐車ロボットがぶつかることなく行き交います。



駐車スペースに到着すると、駐車ロボットはくるりと回転。



あとはゆっくりとスペースに自動車+パレットを運びました。



駐車ロボットは前後左右に移動したりその場でターンしたりできるため、自動車は整然と隙間なく駐車できます。



自動車を運び終えた駐車ロボットはその場を離れます。



秀逸なのが自動ロボットとパレットの形状。同一形状のパレットは整然と並べられているため、パレットの足の隙間を上下左右自由自在に駐車ロボットは移動可能。目当ての自動車に最短距離でたどりつけます。



出庫したい自動車が奥にある場合は1台の駐車ロボットが邪魔な自動車を運び出して……



もう1台の駐車ロボットが奥から目的の自動車を運び出すと……





前にあった自動車は、奥に運ばれていきました。





駐車場に戻ってきたドライバーは、再びモニターで出庫命令を出します。



QRコードが表示されるので、専用アプリで決済するシステムです。



キャッシュレスでスマートな支払いが可能。



駐車ロボットは目的の自動車の下に潜り込むと……



ドライバーのもとに自動車を運びます。



目的地まで到着。この駐車ロボットシステムであれば、自動車を預けた場所と異なる場所で出庫することも可能です。



ドライバーは面倒な駐車作業をすることなく、駐車場をあとにしました。



Hikvisionの駐車ロボットシステムは中国・浙江省で運用実験を実施中。この駐車ロボットシステムであれば、ドライバーはわずらわしい駐車作業をする必要がなく駐車場内での事故もなくなります。さらに敷地を最大限に活用した効率的な駐車が可能なので、慢性的な駐車スペース不足に困る商業施設などでの活用が期待できそうです。