“BEAST盗作疑惑”作曲家Stay Aloneが謝罪「盗作でないが、もっと慎重になるべきだった」(全文)

写真拡大

新人ボーイズグループB.HEARTの楽曲に“BEAST盗作疑惑”が浮上し、論議になった「実感」を作曲した作曲家Stay Aloneが立場を明らかにした。

Stay Aloneは26日、自身のInstagram(写真共有SNS) に「最近盗作疑惑が提起されたBEASTの『Ribbon』とB.HEARTの『実感』は、聴く人によっては同様に聴こえるかもしれないが、2曲を比較してみると、メロディーの類似性があると見るのは難しい」と主張した。

続いて「盗作でないことを申し上げ、誤解を招くような部分についてはもっと気をつけ、慎重であるべきだった」と釈明した。

また、「今回の議論によって迷惑をかけてしまったAround US関係者の方々とヨン・ジュンヒョン先輩とキム・テジュ先輩に申し訳ない気持ちだ」と付け加え、BEASTの所属事務所と「Ribbon」作曲者のキム・テジュにも謝罪した。

一方、去る25日、インターネット掲示板には、B.HEARTの「実感」が「Ribbon」「12時30分」「Butterfly」の3曲を混ぜた感じがあるという主張が提起され話題になった。それだけでなく、B.HEARTの「SAD」もBEASTの「The Fact」と似ているとの指摘も出てきた。

次は、Stay Aloneのコメント全文である。

こんにちは。作曲家Stay Aloneです。

最近盗作疑惑が提起されたBEASTの「Ribbon」とB.HEARTの「実感」は、聴く人によっては同様に聴こえるかもしれないが、2曲を比較してみると、メロディーの類似性があると見るのは難しい。

また、「実感」と「Ribbon」のリズムの感じが似ているという意見に回答をさせていただくと、3拍子系の音楽特性上、4拍子系の音楽ではなく、編曲の幅が比較的狭く、聴く人によっては雰囲気が似て聴こえる場合があります。

盗作ではないことを申し上げ、誤解を招くような部分についてもっと気をつけ、慎重であるべきだったと思っています。

今回の議論のためにご迷惑をおかけしたAround US関係者の方々とヨン・ジュンヒョン先輩、キム・テジュ先輩にお詫びの言葉を伝えます。再び、このような議論が起こらぬよう、これから1曲1曲の作業に当たり、慎重を期してもっと努力する作曲家になります。

大衆の方々と、BEAST、B.HEARTのファンの方々にご迷惑をおかけした点も改めて心からお詫び申し上げます。

ネット上で“BEAST盗作議論”が勃発…B.HEARTの所属事務所がコメント