「もう我慢できねー!」奥手男子でもキスしたくなっちゃうおねだり法

写真拡大



草食系男子が多いと言われるこのご時世。付き合っている彼からアクションを起こしてほしくても、なかなかその時が訪れずにヤキモキしてしまうシーンも。?自分から積極的にはいけない、だけど大好きな彼とキスしたい…!そう思っている女性もいるでしょう。ここでは、なかなか自分からは手を出してこない奥手男子であっても、思わず「我慢できない!」とキスしたくなるキュン仕草をご紹介します。

■■首に抱きつく

「恋愛経験が少ないのでキスするタイミングがわからず…。でも彼女が酔っぱらったときに首にだきついてきてくれたので、自然とそういう流れになりました。首に抱きつく=キスOKの合図だと受け取ったんですが…。すごく嬉しかったです。(笑)」(20代/学生)

奥手男子がなかなか手を出せないのは「嫌われたらどうしよう」という恐怖心によるのだそう。となると、彼からその恐怖心をぬぐってあげるのが最優先事項!相手の首にそっと腕を巻きつけて大好きと伝えることで、安心してキスに挑んでくれるでしょう。恥ずかしければ、酔った勢いに任せて抱きつくのもあり!

■■耳元でつぶやく

「部屋で一緒にDVDを見ていたとき、こっちは心臓バクバクで見ていたんですけど、彼女が耳元で“好き”ってつぶやいてきて。さすがに我慢できなくなってDVDつけっぱなしでキスしました。自分からはいけないタイプなんですけど、あれはやばかったです!」(20代/公務員)

ふたりきりでいるのに、なかなかイチャイチャしたムードにならないときは、思い切って顔と身体を彼に近づけましょう。このとき、耳元で愛の言葉をささやくとよりグッド!「○○君といられて幸せだなぁ」「ドキドキしてきちゃった」などとつぶやけば、自然とキスの展開に持ち込めるはず。何も音がしていない空間にいるよりも、DVDが流れている空間のほうが緊張をやわらげてくれます。

■■指で唇に触れる

「付き合っているけどなかなかキスに進めない…。いつしようと考えていたときに、彼女が俺の唇を触って“いい形してるね〜”って言ったんです。これはもう、いくしかないなと。(笑) 唇触るのは効果的だと思います」(20代/学生)

鉄のようなハートを持った男性であっても、さすがに唇に触れられればキスに持ち込めるでしょう。唇に軽く触れてキスされる様子がなかったら「キスしたらどんな感じなんだろう?」とあおってみるのがベター。高確率でキスをしてくれます。これでキスをしない男性ならば、もう自分からするしかありません。

■■胸元に頭を寄せる

「お互いに酔っぱらっていて、結構いいムードだなってときに、彼女が甘えてくるような感じで俺の胸に頭を押しつけてきました。やべーかわいーと思って、気が付いたらキスしてました」(20代/広告)

男性は、頼られたり甘えられたりするのに弱い生き物です。胸元に頭を寄せることで、女性らしさがグッと引き立ち「守ってあげたい」そして「キスしたい」と思わせることができるでしょう。ポイントは10秒くらい頭を寄せっぱなしにしたあとに、上目づかいで彼の唇を見つめること。隣同士で座っているときがやりやすいのでオススメです。

■おわりに

キスしたい!でもしてこない!そんな彼には上手におねだりすることでキスを迫りましょう。回数をこなせば彼からしてきてくれる回数も増えるはず。大好きな彼に大胆に攻めちゃいましょう!(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)