ポスト・菜々緒!?「視覚探偵 日暮旅人」のシシド・カフカのドSっぷりがいい【日曜ドラマ】

写真拡大

【スナイパー小林の2017冬ドラマ評 日曜編2】

 2017年の冬ドラマが始まった。意外にも医師役が初めてという木村拓哉主演のTBS日9(にちく)には、豪華な共演者が揃い踏み。日テレでは昨年の「ゆとりですが、なにか/2016年放送 日本テレビ」でコミカルな印象が強い松坂桃李が新境地を開いている。月曜から頑張って働く活力になるのはどちらの作品か。日曜放送の2作品をご紹介!

◆こんなに可愛い松ケン、見たことない!

●A LIFE〜愛しき人〜
TBS 日曜21時〜
出演:木村拓哉、竹内結子

 シアトルで名医と呼ばれる外科医・沖田一光(木村拓哉)が緊急帰国したのは、かつての上司である病院長を執刀するため。そこには友人の壇上壮大(浅野忠信)と、元恋人の壇上深冬(竹内結子)もともに働いていた。手術を終え、シアトルに戻ろうとする沖田だが、深冬が余命わずかな病気であると壮大から聞かされ、その手術のために日本に残ることにする。

 出演者がやたら豪華だし、SMAP解散直後のキムタクが主演ということで、放送前から話題に上がっていた作品。実は私もそんな色眼鏡で見ていた節もあったのだけど、2回放送を見終えてその気持ちも吹っ飛んだ。今クールでいちばんおもしろいかも……。

 見た目をまったく劣化させることなく、スターでいるキムタクはやっぱり「かっこいい」の一言に尽きる。あんなイカした44歳って、地球上ではほかに中居くんくらいしか見当たらない(あ、筆者はSMAPファンです)。沖田先生が本当にいたら絶対に通院するわ。

 そして今回、注目したのは民放ドラマの出演が貴重な松山ケンイチ(井川颯太役)。映画主演を何作も経験してきた彼はもうすでに大御所の貫禄すら漂うわせるのに、ドラマでは至らないことばかりの新人の医師役。いきなり病院に現れたスター医師の沖田に嫉妬をして対抗心を燃やす。その小さい男っぷりは女心をぞんぶんにくすぐってくれた。井川の成長ぶりも今後楽しみ。
◆シシド・カフカはポスト・菜々緒な予感

●視覚探偵 日暮旅人
日本テレビ 日曜22時30分〜
出演:松坂桃季、住田萌乃、多部未華子、濱田岳

 日暮旅人(松坂桃李)は視覚以外の感覚を失ったシングルファーザーの探偵。相棒として一緒に働く雪路雅彦(濱田岳)が所有する目薬をさすと、視覚の力を最大限にまで引き出すことができ、人の感情まで見えるようになる。ただ、そのまま力を使い続けると、いつか失明する可能性もあることを雅彦は危惧していた。日暮の娘が通う保育園の保育士・陽子(多部未華子)もまた、この親子の関係性を気にかけている一人で……。

 いろんなタイプのイケメン祭りという印象の内容。主演の王道いい男・松坂桃李が人の感情を見えるようになるとブルーアイになるのだけど、これが似合う。彼が「パパ!」と呼ばれているのも新鮮だ。探偵事務所のふたりを慕うチンピラ役に、筋肉番付アイドルと名高いKAT-TUNの上田竜也。真冬にタンク一枚で筋肉の魅力をやたら訴求。そして存在自体が可愛い濱田岳は、初の金髪を披露している。

 ストーリーは最終的に多部ちゃんと桃李に小さな頃、結びつきがあった……という展開と予想。何か、何か大きな秘密が隠れているんだよね!? とニヤニヤしてしまう。

 ナイスキャスティングなのが、シシド・カフカ。超S刑事の役がハマりすぎていて、第二の菜々緒や高橋メアリージュンになりそうな予感……。赤リップとパッツン前髪が日本で一番似合うと思う。

<TEXT/スナイパー小林>
【スナイパー小林 プロフィール】
ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k