突然の引退は大きく注目を集めた

写真拡大

 突然の「引退」で世間の耳目を集めた江角マキコ(50才)。1月24日発売の『女性自身』で報じられたのは、江角が数年前に知り合った実業家のA氏(51才)と不倫関係にあり、フジテレビ局員の夫・平野眞氏(51才)とは2年前から別居しているというものだった。以前A氏が、巨額投資詐欺事件で逮捕されていることが明らかになり、より波紋は大きいものとなった。

 江角は同誌発売の23日、「不倫は関係ない」「芸能活動を引退させていただく所存」とコメントを発表した。そこで、本誌・女性セブンでは江角本人に真相を聞いた。

――2014年の年末、A氏の家族とスキー旅行に行った際の行動について。

「計3家族での旅行だったんです。記事にあったような、“2人で消えた”ということは一切ありません。私は当時下の子が4才で、その子につきっきりでした。なぜ今さら当時のことが取り上げられるのか不思議です。わが家はだいたい夏と冬に2回、他のご家族と旅行するし、Aさんのご家族とも2回行ったことがあります。特別なことではありません」

――ご主人は『女性自身』で、2014年年末のスキー旅行がA氏と江角さんの関係に疑念を持つ決定打となり、別居のきっかけになったと明言しています。

「夫がどのような状況で取材を受けたのかわからないので…。ただ、私は夫を信じています。取材では言葉尻を捉えられて、誇張されているところもあったのではないかと思うので、記事を鵜呑みにはしていません。あのスキー旅行では、夫自身も楽しそうにしていたんです。子煩悩な人ですから。記事では『本当は行きたくなかった』と話していますが、そんな空気はまったくなかったんです」

――A氏のことでけんかになったわけではないのですか。

「一切ありません。ただ、投資のことは不愉快だったと思います」

――しかし現実に、2015年の年明けに別居しています。

「私たちは『ショムニ』(1998年)で出会い、5〜6年同じチームで仕事した仲間です。結婚前も併せると20年近い関係です。これから先も子供の父であり母であることは変わりません。夫も自由な時間が必要な仕事ですし、私も子供の海外進学を控えています。夫婦においても、いろいろなことを考える時期があってもよいと私は考えています。私は早くに父と弟を亡くしました。ストレスといいますか、我慢が原因ではなかったかと思っているんです。それがトラウマになっているのかな…夫には我慢をせず自由に暮らしてほしいんです」

――今回の報道後は連絡をとりましたか。
「まだ話せていません」

 A氏との関係や夫との別居以上に世間を騒がせたのは、このタイミングでの「引退発表」にある。『ショムニ』の坪井千夏役を筆頭に、白黒つける自立した女性のイメージが強い江角にしては、あまりにも不可解な幕引きにみえる。

 世間が「不倫報道を受けて逃げた」と捉えるのも無理はない今回の引退発表について、江角はこう答えた。

「12月18日に50才の誕生日を迎えたのを機に熟慮した結論です。昨年春から仕事をお休みして子育てに専念する中、『引退』の2文字は頭にありました。結婚、出産でも立ち止まることなく常に仕事をしてきましたので、今かけがえのない子供の成長に100%寄り添うべきと決意しました。

 モデル時代を含めると30年近くこの世界に身を置かせていただきました。20代のまだ自分が何者か、将来もどうなるかわからない時に仕事を始めました。一度上ったレールを降りるのはタイミングが難しいもので、今がその時なのかな、と思ったんです」

――報道は関係なかった、ということですか。

「全く関係ありません。事実、私は1月14日に弁護士の先生に『引退したい』という内容の、1か月考えて書いた長文のメールを送っています。その直後に所属事務所のHPはたたんでいます。それは報道の前のことです。私にとって引退は、決してネガティブなことではなく、前向きな気持ちじゃないと決意できないことなんです。これから子供たちと冒険をし、社会に出て初めて自分の自由になる時間を得るのです」

――今後の活動は。
「今はまったく考えていません。子供と一緒にいる時間が何にもかえがたいです」

 ひとりの母として第二の人生を生きる江角。最後にこんな質問をしてみた。

――自分のことを「強い女性」だと思いますか?

「私は…強い女性で、強い母でありたいと思っています。役のイメージとは別で、失敗もするし、後悔もします。ただ、気持ちを切り替え、前を向いて、強い女性でありたい」

※女性セブン2017年2月9日号