注目を浴びることは間違いないSUMIRE
 - (C)「サラバ静寂」製作委員会

写真拡大

 俳優・浅野忠信を父に、歌手・Charaを母に持つモデルのSUMIREが、2018年に劇場公開を予定している『サラバ静寂』で長編映画初出演を果たし、女優デビューを飾ることが明らかになった。

 2013年にCharaのミュージックビデオに出演して注目を浴び、現在はファッション雑誌「装苑」の専属モデルとしても活躍するSUMIRE。映画は、娯楽が禁止された世界で初めて音楽に出会った若者たちを描く完全オリジナルストーリーとなり、「今まで見たこともない新しい自分にたくさん出会える予感がして、とてもおもしろかったです。今回演じたヒカリという女性は、パーソナルな部分がどこか近くて、慣れていく内に入り込んでゆく感覚がありました。これから、役者としての自由な自分を見つけてゆきたいです」と語っている。

 メガホンを取ったのは、馬場ふみか主演の『黒い暴動』などを手掛け、俳優としても活動する宇賀那健一監督。撮影は昨年12月末に終了し、現在も制作進行中。2018年初頭の劇場公開に向け、2月にはクラウドファンディングもスタートする予定。SUMIREが表紙を飾る「装苑」3月号(文化出版局・1月28日発売)で詳細第1弾が発表される。(編集部・入倉功一)