27日、春節(旧正月)の到来を前に、中国各地は新年を祝うムードで盛り上がりを見せているが、その一方でさまざまなお騒がせ事件が起きている。資料写真。

写真拡大

2017年1月27日、春節(旧正月)の到来を前に、中国各地は新年を祝うムードで盛り上がりを見せているが、その一方でさまざまなお騒がせ事件が起きている。今年は27日が大みそか、28日が旧暦の元日だ。

27日付の台海網によると、福建省●州市(●=さんずいに「章」)では12歳の男児が家出する騒ぎが起きた。姿が見えなくなったのは25日夜8時ごろ。家族らが本人の行きそうな場所を探しても見つからず、警察の力を借りて探し出した男児の口から出た言葉は「期末試験が終わったら遊べると思ったのに。塾に行かされたのが嫌だった」という内容の説明だった。

一方、楚天都市報によると、湖北省の警察には「誘拐された若い女性が高速道路のサービスエリアに置き去りにされている」という通報が入った。現場に急行した警察が女性本人に話を聞いてみると、「恋人と一緒に帰省する予定だったが途中で起きた口論がきっかけでトイレに行っている間に置き去りにされた」と説明。女性は無一文で、所持していたのは携帯電話だけという状態だった。

さらに、安徽省の高速道路では自転車に乗った男性が発見された。警察が問いただしたところ、男性は黒竜江省に帰省しようと1カ月余り前に山東省を出発したことを説明。しかし、安徽省は山東省の南、黒竜江省はロシアと国境を接する北部の省。男性は真逆の方向に自転車を走らせていたことになる。警察はお金を持っていなかった男性にバスの切符を買って渡したという。(翻訳・編集/野谷)