顔色については専門家も「ささいな異変のうちに“隠れ病”を見つけ出し、早期治療、治癒を心掛ける必要が肝要です」と語る。なぜなら顔色は、「健康のバロメーター」と言えるためで、艶やかで血色のいい人は、やはり“健康で元気な人”となる。逆に、普段と違うため「どこか具合が悪いんじゃないか」と、周囲が心配するほど不健康そうな青白い顔もあるだろう。

 その時の顔色から、隠れた病気を素早く読み取れるとなれば、重大な疾患を防ぐことが可能かもしれない。しかし、中には「たかが顔色ぐらいで。少し飲み会が続いていたからではないか」と気にせずに放置し、後になって内臓の大きな疾患を指摘され「もっと早く気付いていれば…」と後悔する人も多い。
 「人の顔には、これまでの“人生が刻まれている”との言葉があるように、その人が持って生まれた体質や、それまで蓄積されてきた内臓の不調などが、一つの症状として顔に浮き出ているとも言われます」(健康ライター)

 例えば医師は、顔色が黒ずみ、肌もカサついている人を見れば、体調不良や日常生活に問題がないか、注意を払いながら健康診断を促す。
 人間の顔には、なぜ「黒ずんだ顔」「青みがかった顔」「赤土のような赤ら顔」などといった顔色の症状が出やすいのだろうか。

 東京都世田谷区で内科医を営む健康管理士の青木信彦氏は、こう言う。
 「人間の顔面には、沢山の血管が集まっており、血液の状態がよく反映されるのです。例えば、血液が薄ければ血色は悪くなり、逆に血液の濃度が高い時は、唇や舌などの赤みが濃くなる。加えて、血液中の老廃物が多い瘀血(おけつ)状態になると、すすけたような顔色になり、唇、舌の色が黒ずんだり、黒っぽいシミが現れたりするのです」

 そしてさらに、こうも付け加える。
 「そもそも健康な人の顔色とは、薄い黄色で赤みを帯び、光沢があります。しかし、皮膚の色が青みを帯びていたり、眉間やこめかみ辺りに青筋が目立つ人は、肝臓など内臓器官の不調が疑われます。皮膚が青っぽくなるのは、血液が汚れて黒ずむようになるためで、この黒ずんだ血液は、皮膚色を通してみると青色に見え、血管を青く際立たせる。粘膜は薄いので青みが強まって紫色に見える場合もあります」