島崎信長は本番組で初めて松岡禎丞が作った“つぐバーグ”を実食!

写真拡大

人気声優の島崎信長(※「崎」は、正しくは「大」の部分が「立」。以下同)と松岡禎丞が好きなコミック作品の漫画家・原作者とスペシャルトークを展開。ゲストとして登場したのは、「累」の作者・松浦だるま、「山賊ダイアリー」の作者・岡本健太郎、「異世界居酒屋『のぶ』」の作者・ヴァージニア二等兵と蝉川夏哉、「CV.オレ!」の作者・上野春生。収録で作品への愛を語り尽くした島崎と松岡にインタビューを行った。

――まずは収録の感想をお願いします。

島崎「『この漫画が面白い!好き!』って言って、先生方に来ていただいて…本当に貴重な時間を過ごさせてもらいました」

松岡「漫画家になった経緯だとか、1つ1つの言葉が心にしみましたね…」

島崎「もっと作品の魅力を伝えたかったのに話したい気持ちが先行してしまったかも(笑)」

――収録では特殊なルールのもとに…料理もされていましたね。

島崎「手錠オムライス、ハイテンション外人つぐバーグ、英語禁止ナポリタン…」

松岡「でも実は普段、料理しながらの会話ってきついんだけど、ハイテンション外人だとびっくりするくらいしゃべれたんだ(笑)。今度から家でもそういう風にやろうかな」

島崎「じゃあ、俺に作ってくれる機会があったら、ハイテンション外人で頼む!」

松岡「Yeaaa!」

島崎「今日初めて禎丞の手料理食べたけど、つぐバーグおいしかった!」

松岡「今度出来たて食べさせるから!」

――島崎さんが手料理を振る舞うとしたら?

島崎「僕は…ケーキかな」

松岡「そうそう、前にチーズケーキ作ってきたときはびっくりしたもん」

島崎「意外と簡単なんだよ。つぐバーグと同じくらいの工程でレシピ通り混ぜて焼くだけ」

――アテレコなどの企画を通して、収録で改めて絆を感じられた部分はありました?

島崎「共演して、禎丞はやっぱりいいなと思いました。(アテレコの企画で)遊べるところとかキャラに幅を持たせるところで的確かつ情熱的にやってくるから、キャラの魅力が広がるなって、聞いてて面白いなって思いました」

松岡「信長との掛け合いは、“間尺”が気持ちいいんです。本当に居酒屋で、いつものように自然に話してるみたいでした」

――放送を楽しみにしている方へメッセージをお願いします。

島崎「番組を見て作品を初めて知った方には、漫画作品も一緒に楽しんでもらえたらうれしいです」

松岡「僕が信長と一緒に楽しんでいる姿も見てほしいですね」