自己中なだけじゃナイ!? 二股しちゃう女子のホンネ9選

写真拡大

貴女の周りに、二股をしている女性はいませんか?
二股に対して罪悪感がない女性も居ます。

女性同士だとしても理解できない人も居るはずです。
そこで今回は二股をかける女性の、9個の心理 についてご紹介します。

●(1)自分が楽しければ良い

『恋愛は楽しむためのもの、と割り切っている友達。楽しいからと言って色んな男性と遊びに行ったりしています』(25歳/介護士)

「彼氏が居ても関係ない。私が楽しければそれで良い」そんな自己中心的な女性が居ます。
自分の思い通りにしたいので、彼氏が居たとしても、素敵な男性と出会えれば、付き合いたいと考えてしまうのです。

普通は「ダメだ。彼氏に悪いし」と考えて、二股をしようとしません。
しかし、自己中心的なタイプの女性は、自分の欲求に素直すぎて彼氏の気持ちを考えられない のです。

彼氏は嫌いじゃないし、付き合っていたいけれど、あの人も素敵。
それなら、二人と付き合えば良いと考えて、二股をしてしまうのです。

●(2)付き合ってもすぐ彼氏に飽きてしまう

『付き合って一か月くらいで飽きて別に彼氏を作ってしまったことがあります。でも付き合っている彼にも申し訳なくて、別れは切り出せず二股に……』(29歳/事務)

男性と付き合っても、すぐ相手に飽きてしまう女性が居ます。
最初は恋愛を楽しんでいるのですが、付き合っているうち、段々と、彼氏とは違う新しい男性を無意識に探しはじめてしまいます。

ブランドバッグでも、購入するまでは欲しい欲しいと言っていたのに、手に入れたら満足してしまい、また違うバッグを欲しい欲しいと言い出す人が居ます。それと同じです。
ある意味、柔軟性があると言えますが、誠実さはない と言えます。

●(3)二股状態がスリリングで楽しい

『二人だけの秘密という感覚が楽しくなってしまい、学生の時よく二股してました』(32歳/主婦)

悪いこととは分かっているけれど、そんな悪いことをしている状況や自分が好き という人が居ます。
彼氏にいつばれてしまうか分からない状況に、喜びを感じていると言っても良いでしょう。

バレそうになっても、あれやこれやと口先三寸でごまかして、ピンチを乗り越えます。
恋愛を楽しんでいるというよりも、バレるかバレないかゲーム感覚を楽しんでいる心理状態なのです。

●(4)押しに弱く振ることができない

『私の友達はモテるのですが、とにかく断るのが下手で、とりあえずご飯だけ……と言っているうちに後戻りできなくなってしまっています』(27歳/会社員)

心根が優しい女性は、人から強く押されてしまったらなかなか断れない気持ちになります。
男性から「付き合ってください」と言われたり「好きなんです」と言われたら、彼氏が居たとしても「断るとこの人は悲しい思いをするかもしれない。かわいそう」と考えてしまう ので、断れないのです。

だからOKをしてしまうのですが、だからと言って、彼氏と別れることができません。
彼氏が可愛そうな状況になりますが、もちろん、悪いなと言う気持ちは持っています。

だからと言って、別れることができず、結果的に二股が続くのです。

●(5)女として自信がないので振るのがもったいない

『私は自分の外見にコンプレックスが強く、今付き合っている人と別れたら誰も相手にしてくれないのではと不安になってしまいます……。なので、彼以外にも好意を持ってくれる男性を振るなんてできません』(30歳/自営業)

自分は魅力がないと考えている自信がない女性も、二股が多いです。
恋愛経験が多かったとしても、どうしても自信を持つことができません。

だからこそ、男性に言い寄られたら、もったいないと感じてしまうのです。