1

ファストフードの代表格であるマクドナルドのビッグマックを、店員とのやりとりなしにゲットできる「ビッグマックATM」がアメリカ・ボストンで登場することになりました。

This machine will serve you a free Big Mac - The Boston Globe

https://www.bostonglobe.com/business/2017/01/25/this-machine-will-serve-you-free-big-mac/otKImEE5HZHmZbHWdd7qyL/story.html

これが2017年1月31日、ボストンの「540 Commonwealth Ave」に設置される予定の「ビッグマックATM」。自動販売機のような縦長のマシンでは、なんと無料でビッグマックをゲットできるとのこと。



ただし、無料でビッグマックをゲットするにはマシンに自分のTwitterアカウントを登録する必要があります。Twitter情報を登録すると、自動的に「Check out the new Big Mac.(新しいビッグマックをチェックしてね)」とツイートする仕組み。これは、「Grand Mac」(中央)、「Mac Jr」(右)という2つの新しいビッグマックシリーズのPRキャンペーンの一環とのこと。ツイートしてビッグマックを無料でゲットできるキャンペーンは、午前11時から午後2時まで行われる予定です。



店員にオーダーすることなくビッグマックをゲットできるビッグマックATMは、究極のファストフード形態と言えそう。ちなみにアメリカでは最低賃金を時給15ドル(約1700円)に引き上げる条例案がつぎつぎと可決されており、ファストフード業界は一様に頭を抱えています。このまま賃金上昇が続けば、「人間ではなくロボットを雇う方がまし」として、近い将来、本当にビッグマックATMが投入される可能性がないとは言い切れません。