『破門 ふたりのヤクビョーガミ』が公開!

写真拡大

直木賞受賞の黒川博行によるベストセラー小説を映画化した『破門 ふたりのヤクビョーガミ』の初日舞台挨拶が1月28日に丸の内ピカデリーで開催され、佐々木蔵之介、横山裕、北川景子、濱田崇裕、矢本悠馬、橋本マナミ、木下ほうか、橋爪功、小林聖太郎監督が登壇。W主演を果たした佐々木と横山が大阪への愛を語った。

【写真を見る】橋本マナミ、大胆セクシーな胸元にゴージャスアクセサリーがキラリ!

一度キレたら手が付けられないやくざと、ヘタレで貧乏な建設コンサルタントが、詐欺師を追って関西やマカオを奔走する姿を描く本作。大阪が舞台ということもあり、橋本以外は関西出身のキャストが結集した。

○×形式で質問に答える形で進行したこの日の舞台挨拶。「正直、自分以外の役をやってみたかった」と聞かれると、佐々木と横山は「×」と回答した。イケイケやくざの桑原を演じた佐々木は、「この役を愛しております。手放したくありません」と愛情たっぷりに告白。ぐうたら貧乏の二宮を演じた横山も「桑原もやってみたいけれど、想像できない。二宮をやっていてすごく充実していたので、また二宮をやりたい」と続編への期待も込めてコメントし、会場の拍手を浴びていた。

また、北川も「×」を掲げ、「マナミちゃんの役はできない」と愛人役を演じた橋本について触れ、「あの色気はマナミちゃんにしか出せない」と橋本の色気に感服。一方の橋本は「大ヒット祈願で、(詐欺役の)小清水さんがだまし取った金額くらいのアクセサリーをつけて来ました」とゴージャスなアクセサリーを披露して、会場をどよめかせた。「私も愛人でいいかなと。北川さんの役をやったら浮いちゃう。この役でよかった」とハマり役に笑顔を見せていた。

最後には、佐々木が「大阪が舞台で、関西弁でかっこいい映画が撮れたらなと思っていた」と明かし、「ドライな、かっこいい大阪の映画が撮りたいと思っていた。悪い男も出てくるけど、チャーミング。それを支える女性が出てくる映画が撮れたらと思っていたら、それが見事にできました」と完成作に胸を張った。

横山も「大阪でロケをしていたら、おばちゃんが近寄って来て、僕のポケットにそっとアメちゃんを入れてきました。いい街ですよ、やっぱり」と大阪愛を語り、会場を笑わせる一幕もあった。【取材・文/成田おり枝】