全北現代の韓国代表GKクォン・スンテが鹿島に完全移籍加入…2014年から3年連続Kリーグベストイレブン受賞

写真拡大

▽鹿島アントラーズは28日、全北現代モータース(韓国)から韓国代表GKクォン・スンテ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽クォン・スンテは、2006年に全北現代でプロキャリアをスタート。2011年から2年間にわたって尚州尚武でプレーした後、2013年に全北現代へと復帰すると、2014年から3年連続でKリーグベストイレブンに輝いた。

▽また、代表キャリアにおいては、2015年に韓国代表デビュー。これまで2試合のキャップ数を記録している。