【疑問】マフラー出口の「太さ」に意味はあるのか

写真拡大 (全8枚)

細すぎない限りは本数も太さも性能とは無関係

いわゆるテールパイプの太さと性能の関係だが、サイレンサーよりエンジン側の、メインパイプより細くない限り、円形だろうが楕円だろうが、1本出しだろうが2本出しだろうが、性能とは無関係といっていい。マフラーの性能=排気効率だとすれば、重要なのは、メインパイプのパイプ径とその曲げ方。そしてサイレンサーの構造だ。

エンジンのパワーアップを計るには、吸入空気量を増やすのが重要で、吸入空気量を増やすためには、排気ガスをスムースに排出するのがポイント。したがって、マフラーのパイプの取り回しは、できるだけストレートに近い形で曲線は緩やかなほうが、排気ガスの抜けはよくなる。

またサイレンサー内の構造も、純正マフラーに多い、隔壁構造(仕切り板を設け、排気ガスをサイレンサー内のいくつかの小部屋を通過させることで、膨張や圧力波の干渉を繰り返し消音させる)よりも、吸音材を多用したストレート構造の方が、パワー的には有利になる。

一方でメインパイプの径は特性に大きく影響する

もうひとつのカギを握るメインパイプのパイプ径も、太ければそれだけ抜けはよくなるが、太すぎるとデメリットも……。というのも、エンジンは低回転で回っているときと高回転で回っているときでは、当然、排気ガスの時間当たりの流量が異なるからだ。

エンジン全開、7000〜8000回転のときに、一番排気ガスの抜けがいい(流速が速い)太いパイプ径にしてしまうと、2000〜3000回転の低回転域では抜けがよすぎて、かえって流速が落ちてしまう。

かといって、低回転域でピックアップがよくなるようにメインパイプを絞って流速を上げると、高回転域で排ガスが詰まって、パワーダウンにつながってしまう。

水道のホースで考えればわかりやすいだろうが、同じ流量なら出口を絞ったほうが流速は増し、太くすると流速が落ちる。しかし、蛇口をより大きく開けば、ホースの出口も合わせて広げないと、多くの水は出せなくなる。

このように、マフラーのメインパイプ径を最適化するのはけっこう難しく、自動車メーカーは多くのシチュエーション、そしてそのエンジンの出力特性を考えて、メインパイプの太さを決めているので、テールパイプはそのメインパイプより細くなければ、とりあえずOK。(可変バルタイや可変バルブリフト機構などがあれば、メインパイプが太くても低中回転域の排気ガスの流速が落ちないようにコントロールできる!)

反対にテールパイプだけ太くても、サイレンサーを通過した後の排気ガスは、大気に開放されるだけなので、ほとんど排気効率には影響しない。

違いがあるとすればルックス面だけだが、軽自動車がやたらと太いテールパイプのマフラーをつけても似合わないし、グレードの問題で大きなボディに小さなエンジンを載せているクルマのテールパイプが細いのも、なんだかさみしくて物足りない……。

そういう意味では、マフラーのテールパイプも、意外にドレスアップのセンスが問われる箇所のひとつだ。