男子テニスの世界ランク17位のロジャー・フェデラー(スイス)【写真:Getty Images】

写真拡大

休養明けで全豪OP決勝に勝ち上がったフェデラー、18度目のグランドスラム制覇なるか

 男子テニスの世界ランク17位のロジャー・フェデラー(スイス)が全豪オープンで復活をアピールしている。4回戦では同5位の錦織圭(日清食品)をフルセットの末に撃破し、26日の準決勝では同4位のスタン・ワウリンカ(スイス)に7-5、6-3、1-6、4-6、6-3で勝利した。決勝では同9位のラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。

 これまで17度のグランドスラム制覇を誇るレジェンドは昨季、左膝の治療のため後半戦欠場を宣言。リハビリの日々を送り、年明けに復帰したばかりだった。その中でここまで快進撃を見せ、ついに決勝に進出。そんな35歳に関して専門家からは「進化している」という証言も出ている。

「フェデラー選手は全盛期のテニスに近づいています。それどころか、以前よりもフォアハンドとバックハンドのストロークが進化しています。ダウンザラインへの展開の早さ、正確性、威力が抜群に上がっている。フォアハンドも、バックハンドもストレートのボールがライン上に来ています。近年はストレートに打った時にコートの内側に打球が入ることも多かった。今回の全豪オープンではダウンザラインの精度が抜群です。全盛期よりも上かもしれません。復活というよりも進化しているイメージです」

 プロテニス選手の綿貫敬介はそう解説し、フェデラーのストロークのクオリティの高さを絶賛する。ただの「復活」ではなく、「進化」すら垣間見えるプレー。そんなベテランには戦術面にも変化が見て取れるという。

積極性の裏に見て取れる「狙い」

「動きの面では年齢もあるので、さすがに若い頃に比べるとコートカバリングでは落ちている部分はありますが、プレースメント(狙い通りに配球すること)でカバーしています。そして、テニス自体は昔よりもスピーディになっている。プレースタイルは変わりません。ラリーに付き合うような場面は以前の方が多かった。そこでしっかりとラリーをしていましたが、今回はリスクを負ってでも早く展開しています。本来の持ち味を前面に出しながらスピーディに試合を組み立てているイメージがあります」

 綿貫はフェデラーの積極性の裏には狙いがあると分析する。

「フェデラー選手自身にも消耗を避ける狙いもあるのかもしれません。ショートポイント(サーブから早い段階でポイントを奪うこと)をできるだけ積み重ねることをイメージしているのでしょう。2014年あたりからジョコビッチやマレーとの試合で負ける原因は5セット目や終盤の集中力の低下と、スタミナ面の問題もあったと思います。

 しかし今回は5セットマッチを錦織選手と戦って、ワウリンカともフルセットでしたが、体力がしっかりと持っている。最後のセットでも戦えています。フィジカルが抜群に上がったとは思いませんが、戦術とプレースメントでカバーしている印象があります」

プレーの質は故障前に比べて「断然上がっている」、35歳での復活は「驚き」

 休養明けでどこまで復調できるかが注目されたが、見事、決勝まで勝ち上がってきたフェデラー。昨年後半戦を欠場し、治療に専念した成果はサービスのキレに如実に表れていると綿貫は話す。

「昨年の後半戦をしっかり休んだ効果は出ています。サーブに一番表れています。膝を痛める前、フェデラー選手は腰痛を抱えていました。その時のサービスのキレを見ても、思い切り打てていないなというのはどこか感じました。でも、今は思い切り打てています。

 不安要素がなくて、プレーの質も故障以前よりも断然に上がっていると思います。それにしても、35歳での復活は驚きです。プレーも休養以前と比べても全然違います。これだけキレがあると、さすがフェデラーとしかいいようがありませんね」

 キレを取り戻し、ストロークも進化したフェデラーは好敵手のナダルを打ち破り、18度目のグランドスラム優勝を果たすことができるだろうか。