B.LEAGUEのサンロッカーズ渋谷に加入!ロバート・サクレ選手を独占インタビュー

写真拡大

2016年、2つのリーグが統合して誕生したプロバスケットボールリーグ“B.LEAGUE”。2016-17シーズンも半分を終え、初代チャンピオンの座をめぐり、日本各地で熱戦が繰り広げられている。そんな中、B1中地区のチーム・サンロッカーズ渋谷が大型補強を敢行。昨年までアメリカのNBAでプレーしていたロバート・サクレ選手が加入した。

【写真を見る】NBAの名門ロサンゼルス・レイカーズでプレー!サクレ選手が日本を選んだ理由とは?

サクレ選手は2012年のNBAドラフトで指名を受け、2015-16シーズンまでロサンゼルス・レイカーズでプレー。日本では1月18日の川崎ブレイブサンダース戦でデビューし、213cm/118kgの体格とNBAでの経験値を生かして、早くも大きな活躍を見せている。さらに、カップアイス「サクレ」を発売しているフタバ食品とのコラボも話題だ。今回、WOWOW NBA中継にゲスト出演したサクレ選手を直撃。現在の心境や日本の印象を語ってもらった。

――まず初めに、あなたがBリーグという舞台を選び、日本でプレーすることを選んでくれて、とても嬉しく思っています。

「(日本語で)アリガトウ!(笑)」

――サクレ選手が日本のリーグでプレーすることが発表されたとき、日本のバスケファン、NBAファンは非常に驚きました。あなたが日本に来ようと決断した、そのきっかけを教えてください。

「もともと日本に関しては『非常に素晴らしい』と友人や知人から聞いていたから、きっと素敵な国だと思っていたんだ。それに、Bリーグが始まって、日本のバスケに新しい動きがある時期だと聞いていたから、『じゃあ今、自分も挑戦してみよう』という気持ちで日本を選んだんだ」

――まだ日本に着いてから時間が経っていませんが、来日する前、日本の文化や日本食について、どのようなイメージを持っていましたか?

「寿司!やっぱり日本のイメージは、何と言っても寿司だったね。寿司のイメージがとても強かった。でも、日本に着いてから2週間くらい経ったんだけど、まだ2回しか食べていないんだ…。こんなはずじゃなかったんだけど(笑)。でも、その他にもおいしい物をたくさん食べているし、日本食は素晴らしいよね」

――“まだ2回”じゃなくて“もう2回”だと思います(笑)。ちなみに好きなネタは何ですか?

「2回って多いかな(笑)?ロサンゼルスにいた時は毎日のように食べていたし、家族もみんな好きだから、本当にもっと食べたいんだよね。寿司ネタはタコが好きだよ。あとは、カリフォルニアロールやレインボーロールも好きだね」

――ご家族も一緒に来日されているそうですが、日本の暮らしには慣れそうですか?

「うん、ここまで本当にスムーズに来ているね。奥さんも『帰りたくない』と言っているくらいだから、こちらの生活を楽しんでいるよ。やっぱり日本は安全だし、快適だし、それは大きいよね」

――しばらくはゲームに集中する日々が続くと思いますが、日本で体験してみたいことはありますか?

「日本中の大きな都市に行ってみたいね。特に京都!京都には是非行ってみたい。神社やお寺にとても興味があるし、桜が満開になる時期をすごく楽しみにしているよ。それ以外にも、観光客っぽいことを言うけど、日本で見られるものは全て見たいと思っているよ」

――京都ハンナリーズ戦は、残念ながらホームゲームですね。アウェイゲームではレバンガ北海道、琉球ゴールデンキングスとの対戦がありますね。

「沖縄ね!沖縄に行くのはとても楽しみだ。沖縄は非常に綺麗なところだと聞いているし、とても仲の良い、タトゥーを彫ってくれた友人が沖縄に住んでいる。そういう点でも楽しみだね」

――それではバスケについて伺っていきます。合流して間もないですが、チームの雰囲気はいかがですか?

「練習に取り組む姿勢が積極的で、意識が非常に高いね。一から十まで全てにおいて高い意識で取り組んでいるし、素晴らしいチームだ。その姿勢が試合でも出れば良いし、お互いに切磋琢磨して自分たちを追い込んでいるから、結果は出てくるはずだ」

――入団会見で、岡博章社長は「インサイドでの役割に期待している」とお話されていましたね。

「コーチの指示に従って、インサイドでもアウトサイドでもプレーするよ。特にインサイドでは、フィジカルにしっかり守っていくことに集中したいね」

――サクレ選手と言えば、ベンチで味方を盛り上げる姿も印象的です。レイカーズで見せていた“サクレダンス”は日本でも見られますか?

「チームの選手が素晴らしいプレーをして、みんなの気持ちが一体になって、勝ちにいこうってなった時はね(笑)。僕もこういう性格だから、そうやって踊る日が来ると思うよ」

――さまざまな役割を期待されると思いますが、自分の中での目標は何ですか?

「とにかく勝つということ、勝利することが目標だ。先にある優勝とかではなく、一試合一試合勝つことが目標だね。その中で、選手、チームの仲間をまとめていって、彼らをサポートする。それがゴールであり、僕の仕事だ。基本的にプレッシャーはないよ。チームの選手も頑張っているし、良いスタッフにも囲まれている。とにかく自分のできること、バスケットボールをやるだけだと思っている」

――その姿を見て、これから日本のバスケ少年にとって、あなたがヒーローになる日が来ると思います。あなた自身にとって、子供のころにヒーローだった選手は誰ですか?

「そうだと良いね!(笑) 僕はカナダのバンクーバーで育ったんだけど、当時はバンクーバー・グリズリーズがあったんだ。今は、グリズリーズはメンフィスに移転しちゃったけど。その頃はマイク・ビビー、ストロマイル・スウィフト、シャリーフ・アブドゥル=ラヒムがいて、彼らはみんな子供のころの僕のヒーローだったよ。本当にグリズリーズの大ファンだったんだ」

――それでは最後に、日本のバスケットボールファンに一言お願いします。

「シーズン後半戦、是非サンロッカーズ渋谷の試合を観に来て、応援してください。これまでとは違うゲームをお見せすることが出来ますし、皆さんの応援が我々の力になります!」

バスケットに懸ける思い、日本への愛着を語ってくれたサクレ選手。この日、WOWOW NBA中継で共演した、ミュージシャンきってのNBAファンである金子ノブアキは「本当に、優しくて、穏やかで、聡明で、素晴らしい方ですね。見た目は超おっかないですけど(笑)。何と言っても去年まで、ロサンゼルス・レイカーズにいた人ですから。まだ20代でバリバリの今、日本のリーグを選んで来日してくれたっていうのは、もの凄いプラスになりますよね。日本のバスケットは生まれ変わって、新しい時代が始まった時なので、本当に感謝しかないです。何をもたらしてくれるのか、楽しみにしています」と、サクレ選手に寄せる大きな期待と、その優しい人柄について語っていた。チームを盛り上げ、さらには日本のバスケットを盛り上げていくサクレ選手の活躍を楽しみにしたい。