『遅読家のための読書術--情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』印南敦史(著) ダイヤモンド社

写真拡大

「本を読む時間がとれない」「読書スピードが遅い」。そんな悩みを解決するには、どうすればいいのか。年間700冊以上の多読生活を送る書評家の印南敦史氏も、かつては同じ悩みを抱えていた。たどりついた答えは「正しい流し読み」。元・遅読家として考えた遅読家のための読書術とは──。

■「熟読の呪縛」にとらわれていないか

私は現在、複数のウェブサイトで月60本近くのブックレビューを書いています。ところが私はかなりの“遅読家”です。じっくり読むと1ページ5分、見開きで10分近くかかることもあります。自分でも嫌になるほど読むスピードが遅いのです。

そんな私が、なぜ年700冊以上も読めるようになったのか。詳しい経緯を『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)に書きました。その方法をひとことでいえば、「本を読むという行為」についての発想を転換したのです。

きっかけは2012年、ウェブサイト「ライフハッカー」からの「月〜金曜日まで毎日1本、ブックレビューを書いてほしい」という依頼でした。それまで私は「熟読の呪縛」にとらわれていました。本に書いてある情報を一字一句漏らさず頭に叩き込もうとしていたのです。しかし、それでは毎日1冊を読み切ることはできません。

そこで気付いたのです。そもそも、いくら熟読しても本の内容を100%覚えることはできないのだと。たとえ覚えたとしても、時間が経てば忘れます。結局、すべてを頭に叩き込むことを前提にした読書ほど無駄なものはない。そう割り切るべきなのです。

大切なのは、本を読んだ結果として、知識や発見が「1%」でも残ること。「100%」を目指して欲張らない。そして1冊の本を深く読むのではなく、たくさんの本から「1%」を集めて、大きな知識をつくっていく。そうすれば、読書は一気に効率化できます。

著書で私はこう書いています。<「本を速く読める人」と「遅くしか読めない人」がいるのではありません。「熟読の呪縛から自由な人」と「それにまだとらわれている人」がいるだけなのです>

この発想の転換で、効率的な読書が、楽に習慣化するのです。

■最初と最後の5行を読むだけでもいい

効率的な読書を習慣化するには、「読みたい本」だけでなく、「速く読めそうな本」を選ぶことも重要です。そして、そう考えると、本は3種類に分けられます。

(1)そもそも読まなくていい本
(2)速く読む必要がない本
(3)速く読める本

習慣化に際しては、(2)と(3)を「1対9」の割合にするといいと思います。なお、(1)は自分にとって必要のない本ということになりますから、手に取る必要はありません。ちなみに自分に必要がないだけなので、価値がないという意味ではありません。

「(3)速く読める本」とは、全体を貫く「線」の要素が少なく、どこから読んでも成立するような「切れ目」の多い本です。後述するように、本の構造を理解できていれば、「流し読み」でも知識や発見をしっかり吸収できます。

一方で、「(2)速く読む必要がない本」もあります。1つは小説のような「ストーリー」があるコンテンツ。映画を早送りで観たい人が少ないように、プロットやディテールを味わうために読むのですから、相応の時間がかかります。

もう1つは、自分がゆっくり読みたいと思う本です。私の場合、翻訳書に多いのですが、構成が巧みで、ページを1枚ずつめくるのが楽しみになるような重厚感のある本です。100冊に1冊ぐらいは、そうした本とも出合います。

速く本を読むためには、正しい「流し読み」を身につける必要があります。まずは、本の「はじめに(序文)」と「目次」を熟読してください。「はじめに」には、その本の目的や要約が書かれています。どんな文体で書かれ、なにを目指して進む本なのか。全体の「ノリ」もつかめます。また「目次」は、その本の狠録.です。全体の構造や流れを把握することができるため、熟読すべき場所の「見当」がつけられます。

そのうえで本文に進むわけですが、書籍の本文は、基本的に「章」「節」「項」というユニットで構成されています。最大でも20ページ程度を1ユニットと考えて、最初と最後の5行だけを読むようにするといいと思います。

ビジネス書や新書など、なにかを解説するコンテンツは、最初と最後の5行を確認すれば、そのユニットで著者がいいたいことがわかるようになっています。「このユニットは自分に必要だな」と思ったら、ユニットの頭からていねいに読み直すのです。

■名曲を楽しむように気になる部分を読む

こうした本の読み方は、音楽の楽しみ方に似ています。ヘッドホンで一所懸命に曲を聞いたところで、曲の構成をすべて記憶することは難しいと思います。他方で、BGMのように聞き流している曲でもフレーズが頭から離れないということがあります。読書でも同じように、最初から最後まで読み切ろうとせず、1%でも印象的なフレーズが頭に残ればいいのです。

ヒップホップや電子音楽といったジャンルでは、過去の音源から抽出した音の断片を組み合わせて新たな楽曲を制作する「サンプリング」という手法を用います。要は既存曲の一部を「引用」して再構築するわけですが、1枚のレコードからサンプリングできたのがほんの数秒だったとしても、その数秒は大変な価値をもちます。

私は本を読むときに、こうしたサンプリングのつもりで、気になった箇所をどんどん書き写します。読了時に残った引用のリストは「その本を読書することによって自分が吸って、吐いたすべて」です。これを読み返すだけで、すぐにレビューも書けます。それだけ深い読書効果が得られるのです。

音楽を楽しむように、気に入ったところだけ読む。ぜひ試してみていただければと思います。

▼読書スピードを高める4ステップ

ステップ(1)「はじめに・目次」をよく読む
⇒機能性に優れた本ほど、優れた「目次」が書かれている

ステップ(2)最初と最後の5行だけ読む
⇒ユニットの重要度は「序盤」と「終盤」を読めば大体わかる

ステップ(3)キーワードを決めて読む
⇒本を開く目的が明確になり、流し読みもやりやすい

ステップ(4)2つ以上の読書リズムで読む
⇒「じっくり読む」と「流し読み」など意識的に緩急をつける

▼「速読」には本の選び方が重要
・そもそも読まなくていい本⇒×
・速く読む必要がない本(小説、翻訳書など)⇒1割
・速く読める本(ビジネス書、新書など)⇒9割

----------

印南敦史
書評家、フリーランスライター、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年、東京都生まれ。広告代理店勤務時代に音楽ライターとなり、音楽雑誌の編集長を経て独立。
 

----------

(須藤 輝=構成 早川智哉=撮影)