20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪の広告代理店で働く木村早智子さん(仮名・37歳)。しっかりと手入れされた茶髪のボブヘアに、キチッとしたブランド物のジャケットを着こなしている姿は典型的なキャリアウーマンといった感じです。意思の強そうな瞳とはアンバランスな訛りのあるゆっくりとしたしゃべり方は一見男性受けしそうに見えます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は大阪府の郊外で、両親と2歳年下の妹との4人家族です。両親はどちらかというと放任主義だった気がします。共働きだったので、特に干渉された記憶もありませんし、厳しくもなかったですね。私自身もそんなに問題を起こした記憶もありませんし、自分のことは自分で決めることが多かったです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校1年生の時です。高校時代は部活にも入っていなかったし、2年生の後半までアルバイトもしていなかったので毎日時間が余っていて、とにかく恋愛にのめり込んでいました。相手は1学年上の先輩です。その先輩を好きになった理由は、友達が先輩と同じ中学出身で中学時代に人気があったからです。中学時代は陸上部で人気があったみたいで知名度もバツグンだったんですが、高校では部活動はしていなかったので特にチヤホヤはされてなかったです。でもその過去の栄光がかっこいいと思ってしまって、猛烈アピールをしました。当時は携帯なんてなかったので彼の家に電話をかけまくったり、食堂で声をかけたりと、とにかく彼の視界に入ろうと必死でしたね。そして数か月後には彼からの告白で付き合いだしました。手をつないで登下校したり、文化祭を2人で回ったりと楽しいことばかりでしたね。すべての初体験は彼でした」

その後も順調に進んでいった2人ですが、別の問題が影響し、徐々に不仲になっていきます。

周りの評価で好きになった男に、周りの評価が理由で振られる

「彼とは週に3〜4回は会うなど、まぁラブラブだったんですが、私が2年、彼が3年に上がった時に、私がクラスの女子から嫌われて独りぼっちになってしまったんです。当時の私は結構思ったことをはっきりと言うタイプで、そんなところをよく思わない一部の女子グループから嫌われてそこからクラスの女子に派生していった感じですね。でも隣のクラスには中学からの友達もいたこともあり、そこまで辛くなかったんです。それに彼もいたので、そのグループよりも自分はイケてると思っていたんですよ。彼にはクラスで1人なことを黙っていたんですが、その噂をどこからか聞きつけて、休み時間も一緒にいてくれるなど味方になってくれました。でも、女子に嫌われている彼女が恥ずかしかったのか、徐々に気まずくなり受験に専念したいからとの言い訳で振られました。絶対嘘でしょうけどね。周りの評価で好きになった彼に周りの評価で振られたんです。ショックでしたが、そんなつまらない男はこちらから拒否してやる! といった気持ちですぐに吹っ切れました。仲間外れも、3年のクラス替えでその女子グループとは別クラスになったことで終わり、そこからは普通の高校生活を過ごしました」

高校生活を終え、府内の短大へ進学。その後、派遣会社のコーディネーターとしては働きだします。

「短大へは特に行きたかった学校もなかったので、学校が進めたところで進学しました。短大時代は友達にも恵まれて、典型的な女子大生といった感じでしたね。飲み会に行ったり、アルバイトをしたり、クラブで朝まで踊っていたり……。高校よりも周りの友達が派手になった分、遊びも派手でしたね。でも彼氏は出来ませんでした。合コンなどで気に入った人はできたんですが、その人は他の子を気に入ったり、アルバイト先でも仲のいい男性はできたものの友達といった感じで異性だと思われなくて……。つまりまったくモテなかったんですよ。短大を卒業後は、大阪の派遣会社に就職して、スタッフと職場を結びつけるコーディネーターの仕事を始めました。一人暮らしも就職を機に始めました。そして、取引先の職場で働く芸能の仕事をしている男性と出会いったんです。彼は売れていなかったので出会うまでは全然知りませんでしたし、特にかっこよくなかったのですが、芸能人という肩書と、親しみやすい人柄に惹かれてしまったんです。でもこれが茨の道のスタートでしたね……」

短大時代は、合コン。クラブ通いと派手めの生活を送り、その派手好きが恋愛にも影響を及ぼし始めます。

華やかな世界にいる男性に惹かれ、踏み出した次の恋。しかし彼は一癖も二癖もある人間で……。バイタリティー溢れる派手好き女子がハマった“肩書男”は〜その2〜に続きます。