28日、旧暦大みそかの夜に国営テレビが放送する“中国版紅白歌合戦”が、今年も日本でネット配信され、多くのネットユーザーを引きつけた。

写真拡大

2017年1月28日、旧暦大みそかの夜に国営テレビが放送する“中国版紅白歌合戦”が、今年も日本でネット配信され、多くのネットユーザーを引きつけた。新浪が伝えた。

【その他の写真】

動画共有サービスの「ニコニコ動画」では27日夜、国営放送・中央テレビ(CCTV)の年越し番組「春節聯歓晩会」を今年もネット配信。「中国版・紅白歌合戦 13億人と共に見よう“春節聯歓晩会 2017”」のタイトルで、中国国民の半数が視聴するというこの番組を盛り上げている。

ビッグスターが登場しての歌やダンス、人気お笑い芸人によるコントや漫才、さらに舞踏団の絢爛豪華なパフォーマンスが披露される中で、日本のネットユーザーが熱い視線を注いだ演出の一つが、ルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)とウィリアム・チャン(陳偉霆)、中国と香港の人気俳優同士のコラボだった。

楽曲「愛[イ尓]一万年」をデュエットした2人だが、登場したとたん日本のネットユーザーも大盛り上がり。「イケメンが来たぞ!」「すごい」「1万年愛してる〜」と大量の弾幕が画面を横切った。この熱い反応に中国のネットユーザーも、「イケメンパワーすごい」「日中友好はイケメンから」などと声を寄せている。(翻訳・編集/Mathilda)