アンジェリーナは離婚騒動の精神的ダメージで限界に達しているという/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

アンジェリーナ・ジョリーがハンガー・ストライキでさらに激ヤセし、体重が35kgを切っているとナショナル・エンクワイラー紙は報じている。

【写真を見る】外見も回復!元気を取り戻してきているブラッド・ピット/写真:SPLASH/アフロ

同誌によれば、ブラッド・ピットと一緒に暮らしていた頃からアンジェリーナはなにか気に障ることがあるとハンガー・ストライキをして食事を拒否していたそうで、ブラッドと離婚問題で揉めている今、またもや同じ手段で彼に抗議しているという。

しかし、離婚や親権争いなどで精神的に限界に達しているアンジェリーナは、痩せすぎてもはや流動食しか受けつけない体になっており、危険な状態になっているそうだ。

「アンジェリーナはブラッドとの破局と、その結果として一般の人々から自分が悪いイメージで受け止められていることに絶望して、食べるのを拒否しています。もはや周囲のスタッフは、チューブで流動食を流し込むよう彼女に言っています。それでなくとも衰弱しているのに、もっと体に致命的なダメージを与えると心配しているのです」と関係者は明かしている。【UK在住/MIKAKO】