「Yahoo!JAPAN Hack Day 2017」

写真拡大

ヤフーは2017年2月4、5日、プログラマーやデザイナーが新製品の開発を競い合うイベント「Yahoo!JAPAN Hack Day 2017」を開催する。

「Hack」の意は、「創意工夫」。ハッカソンと呼ばれるが、ヤフーは「この1日はみんなココに集まろうよ!」の呼びかけも込めて「Hack Day」と名付け、アメリカで2005年、日本で2007年から開催している。

タイムリミットは24時間

「Yahoo!JAPAN Hack Day 2017」では、343人のクリエイターたちが86チームに分かれてアプリやIoT機器などの開発に挑む。制限時間は24時間で、テーマの決まりなどはない。

日本一の学生クリエイターを決める「Yahoo!JAPAN Hack U 2016」の決勝大会も同時に開催される。16年9〜12月に全国4都市(東京、名古屋、福岡、大阪)の予選大会を勝ち抜いた14チームの猛者たちが、「日本をHAPPYに 〜私たちができる課題解決〜」の開発テーマで創作する。

5日12時半〜18時には、「Yahoo!JAPAN Hack Day 2017」と「Yahoo!JAPAN Hack U 2016」の決勝大会で創られた作品を、一般の来場者に公開する。直に作品に触れられる上、ステージで各グループが90秒間の発表を行ったり、表彰式が行われたりするのを観覧できるという。

4日13〜18時と5日12〜18時には、一般来場者に向けた体験型アトラクションも開放される。SNSで話題のシューティングゲーム「Yahoo!Search Buzzooka!」や、音楽に合わせけん玉を披露し、獲得ポイントで競い合う「LIGHTNING KENDAMA」などを、無料で体験できる。