日本のバレンタインは女性から男性に愛の告白をする日として受け入れられていますが、海外は男性から女性へプレゼントを贈るのが一般的……といった見方があります。しかし、実はちょっと事情が違います。とくにアメリカではバレンタインといえばカップルや夫婦が愛を再確認し合う日、として受け入れられているのです。そのため、女性から男性へのプレゼントだってもちろんあります。そのプレゼントの内容が、日本とは違い彼を楽しませるためのものがほとんど。
今回はアメリカで女性が彼に渡す素敵なプレゼント事情をご紹介します。

プレゼント1: スポーツゲーム観戦

アメリカといえば、野球やアメフト・アイスホッケーといったスポーツゲームが盛んで、日本以上に日常的にゲーム観戦をしています。とくに男性は、子どもからお年寄りまで生でゲームを観戦するのが大好き! そんな彼らのために、女性からの定番プレゼントがスポーツ観戦チケット。一緒に行って盛り上がるとより愛が深まるのだとか。
日本ではスポーツ観戦というと、サッカーのサポーターや野球ファンでない限り、あまり思いつかない発想ですよね。

プレゼント2: インドアピクニック

日本人は食事をするときに、座卓で食事をすることもあるので、床に座ることに対してあまり特別感を感じないかもしれませんが、アメリカではダイニングテーブルで食事をとるのが普通で、床に座ってものを食べることは日常的ではありません。そのため、特別な日にはわざわざ床にクッションやラグを敷いて食事をとり、いつもと違う雰囲気をだします。
バレンタインの日ならキャンドルを並べて彼に料理を振舞い、よりロマンチックさを演出します。ゴージャスさよりもラフな感じが、より愛が深まるのかもしれませんね。

プレゼント3: ビールが大好き

お酒が飲めないなんて男じゃない! と言わんばかりに、ビールが大好きなかれらたちは、プレゼントにビールをもらうだけでも喜んでくれるみたいです。バレンタインになるとさまざまな種類のビールの詰め合わせといったプレゼントギフトなども販売されるほど、ビールをプレゼントするのが主流ともなってきています。なかには、毎月ビールが贈られるギフトもあるのだとか。アメリカの男性にとっては、もはやビールが欠かせない存在なのでしょうか?

プレゼント4: キュートに着飾る

自分の魅力を十分に発揮して、彼に愛を表現するのがアメリカの女性。特別なデートでは胸元がキレイに見えるワンピース、そしてセクシーなランジェリーを着ておくのがあたりまえ。彼をハッピーにするのは彼女次第……だからこそ自分を着飾りキュートさを演出して、彼に喜んでもらえるよう努力します。
とくに、一番大事なのは楽しんでいる姿を見せること。一緒にいるからハッピーで幸せ! をアピールすること。幸せさを表情や言葉、行動で示すことでより男性も自分の存在価値に気づいてくれるみたいです。バレンタインだからこそできる愛の表現でもありますよね。