や、優しすぎる……! 女子が感動した「生理中の彼氏の気遣い」6つ!

写真拡大

生理が来ると体調が悪くなったり、精神的にイライラしたりしますよね。生理痛がひどい人は、腹痛や頭痛で寝込んでしまうことも。そんな生理中に、彼氏にされてうれしかった気遣いとは? 女性のみなさんからエピソードを聞いてみました!

(1)トイレのタイミングを気遣ってくれた!

・「こまめに休憩を入れてくれたり、お手洗いを気遣ってくれる」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「トイレに行く機会をくれたり、長くなってしまっても待っている場所を見つけてくれる」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

デートと生理が重なると、まずトイレの回数が増えますよね。そんなときに、彼氏がこまめにトイレのタイミングを気遣ってくれると、安心してデートを楽しめそうです。

(2)上着をかけてくれた!

・「体調が悪くならないように、上着を貸してくれる」(33歳/その他/事務系専門職)
・「さりげなく上着をかけてくれたり荷物を持ってくれたりしたとき」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

生理のときは特に、冷えが原因で生理痛が悪化することも。それを気遣って上着をかけてくれる彼氏だったら、その優しさに感動して惚れ直してしまいそうですね。

(3)おうちデートに切り替えてくれた!

・「おうちでまったりデートにしてくれたこと」(32歳/建設・土木/事務系専門職)
・「外出の予定を変えて、家でゆっくりさせてくれたこと」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

生理中のデートは、できれば外を歩き回りたくないもの。いつ体調が悪くなるかわからないので、おうちデートに切り替えてくれる気遣いがあるとうれしいですよね。

(4)マッサージしてくれた!

・「マッサージをしてくれた。腰が痛かったので、ありがたかった」(33歳/学校・教育関連/技術職)
・「お腹の痛みを心配し、なでてくれたこと。優しくてうれしい気持ちになった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

お腹や腰の痛みなど、生理痛の苦しみは女性にしかわからないもの。でも痛いところをマッサージしてくれると、それだけで体も楽になるし、その優しさがありがたいですよね。

(5)家事をやってくれた!

・「具合が悪くて寝ていたらご飯を作ってくれた」(26歳/建設・土木/事務系専門職)
・「おうちで家事を手伝ってくれたり、おいしいご飯を作ってくれたこと」(25歳/その他/事務系専門職)

生理痛はお腹や腰だけではなく、全身がダルくなるなど体調が悪くなります。そんな体調不良で寝込んでいるときにご飯を作ってくれるなど、家事をやってくれると助かりますよね。

(6)捨てる場所を用意してくれていた!

・「彼氏の家のトイレに捨てられる場所を用意しておいてくれたこと」(24歳/医療・福祉/専門職)

究極の気遣いと言えそうなのが、彼氏の家のトイレにナプキンを捨てる場所を用意してくれていたということ。おうちデートではナプキンをどうすればいいか悩むので、その悩みから解放されるだけでもうれしいですよね。

■まとめ

生理中に彼氏にされてうれしかった気遣いとして、上着をかけてくれたりマッサージをしてくれたりなどがありました。どれも彼氏の優しさがよくわかるエピソードばかりです。生理のときは心も体も不調になりますが、こんな気遣いをされたら彼氏のことをもっと好きになりそうですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数140件(22〜34歳の働く女性)