毎月分配型投信(リート型)の人気商品は、 軒並み「減配」と「利回りマイナス」の危機!?  本当に有望な投資信託への乗り換えを検討しよう!

写真拡大

「本当の利回り」が高くて有望な「毎月分配型(リート型)」投資信託とは? 現在発売中のダイヤモンド・ザイ3月号では、大特集「2017年の主役が勢揃い! 最強日本株&投信番付」の中で、投資信託をいくつかのジャンルに分けて、相撲の番付形式でランキングを紹介している。

今回はそこから、実際によく売れている「毎月分配型投資信託(リート型)」の人気ランキングと、ランキング外で本当のおすすめの投資信託を抜粋して紹介! もちろん、「リート型」以外にも毎月分配型の投資信託はたくさんあるが、人気が集中しているのは、やっぱり「リート型」だ。人気ランキングとおすすめの投資信託は異なっているので、その違いを比較してみてほしい。

毎月分配型(リート型)投信の人気6本の成績は? 
人気1位・2位以外も減配に踏み切る可能性大!

 毎月定期的に分配金を受け取れることから、今や主流となっている毎月分配型の投資信託。とりわけ人気が集中しているのは、分配金が高い傾向のある「リート型」だ。

 ダイヤモンド・ザイ3月号では「リート型」と「その他型」に分けて、人気商品を分析している。今回取り上げるのは「リート型」のほうだ。なお、「その他型」については、以下の記事を参照してみてほしい。

【※関連記事はこちら!】
⇒「毎月分配型」投信で、本当に実力があるのは?人気ランキング上位の投信の実力を判定するほか、「本当の利回り」が8%超のおすすめ投信を公開!

 リート型の毎月分配型ファンドで、純資産が多い(≒人気がある)上位6本は、以下のとおりになっている(※ここではリート型以外の毎月分配型ファンドは除外。データは2016年12月末現在のもの)。

 純資産トップの「フィデリティ・USリート・ファンドB」は、2016年11月に、月100円の分配金を70円に引き下げた。さらに、人気2位の「ゼウス」も、2017年1月に分配金を月75円から50円に引き下げることを発表。しかし、この2本とも基準価額は1年で約1000円下落している。

 分配金の払い過ぎにより、基準価額が下落しているのは、この2本だけではない。人気の毎月分配型ファンド6本すべてが、高分配を維持したことで、基準価額が下落し続けるスパイラルに陥っている。一番に減配に踏み切った「フィデリティ・USリート・ファンドB」は、人気6本中で最も本当の利回りのマイナス幅が小さい。

 人気3位の「ラサール・グローバルREITファンド」は、基準価額がすでに2000円台となっている。基準価額の下落を食い止め、分配金の健全化を図るために、今後、他の人気商品も減配の可能性がある。ただ、減配自体は分配金を健全化して元本の返還を留めることになるため悪いことではない。

分配金を払いすぎず、健全に高い利回りを実現する
おすすめの「リート型」の毎月分配型投信とは?

 このように、毎月分配型投資信託のリート型の人気商品は、減配の可能性が高く、実際にはやや魅力に乏しいことが判明した。

 そこで、ダイヤモンド・ザイ3月号では、本当に有望な毎月分配型投資信託(リート型)はあるのか調査。探す際の基準の一つとしたのが、「本当の利回り」だ(※「本当の利回り」とは、基準価額が下落した場合に、1年間の合計の分配金から1年間の基準価額の下落分を差し引いて、1年前の基準価額で割って算出したもの)。

 先ほどの人気ランキングだと、すべての投資信託の本当の利回りが0%以下になっている。しかし、探せばリート型の毎月分配型投資信託にも、本当の利回りがプラスのものがあるのだ。

 ダイヤモンド・ザイ3月号では、本当の利回りがプラスで、なおかつ「純資産10億円以上」などの条件を満たす毎月分配型投資信託(リート型)を横綱・大関・関脇の3本紹介しているが、ここでは横綱を抜粋して紹介しよう。

 横綱に選ばれたのは、「J-REIT・リサーチ・オープン(毎月決算型)」(三井住友トラスト)である。

 国内リートに投資するアクティブ型投資信託。基準価額の下落分を加味した本当の利回りは9.0%と、リート型でトップ。運用収益で分配金を賄えているため、健全な体質の商品といえる。

【※関連記事はこちら!】
⇒【証券会社おすすめ比較】2017年最新版!投資信託取り扱い数ランキング!