2016年12月の軽自動車販売ランキング(全国軽自動車協会連合会調べ)において、11,429台で3位につけた日産デイズ。前年同月比では70.2%と苦戦していますが、燃費試験データの不正問題があったにもかかわらず3位というのは健闘しているともいえそうです。

1

1月26日に受けた一部改良で、ターボ仕様にクルーズコントロールを標準装備し、高速巡航時の快適性を向上。さらに、ステアリングスイッチやGPSアンテナなどがセットの「日産オリジナルナビ取付パッケージ」を全車に標準化するなど商品力の向上を図っています。

新色として「プレミアムサンシャインオレンジ」と「ブロッサムピンク」を追加し、幅広いカラーバリエーションを用意。装備ではニーズが高いという、細い缶にも対応可能なカップホルダーを採用することで使い勝手も向上させています。

 

日産デイズの価格帯は2WDが1,140,480円〜1,495,800円、4WDが1,301,400円〜1,616,760円。今回の一部改良で価格も数万円下げられていて(グレードにより下げ幅は異なる)さらに販売回復を後押ししそうです。

(塚田勝弘)

日産 デイズが一部改良でクルーズコントロールをターボに設定。価格も値下げして販売回復を狙う(http://clicccar.com/2017/01/28/440691/)