「散歩する侵略者」に出演している高杉真宙 (C)2017「散歩する侵略者」製作委員会

写真拡大

 若手俳優の高杉真宙が、長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己が共演する黒沢清監督の最新作「散歩する侵略者」に出演していることが明らかになった。長谷川扮するジャーナリストの桜井が取材先で出会う、謎の若者・天野を演じる。

 カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を受賞した「岸辺の旅」の黒沢監督が、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。行方不明だった夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるというアイデアをもとに、サスペンスやアクション、コメディ、ラブストーリーなど、様々なジャンルの要素を内包して描かれる異色のエンタテンメントだ。

 数日間、行方不明になっていた夫の加瀬真治(松田)が、まるで別人のように優しく穏やかになって帰ってきた。真治はそれ以降、毎日どこかへ散歩に出かけているが、そんな夫の様子に妻の加瀬鳴海(長澤)は戸惑う。同じ頃、町で起こった一家惨殺事件と続発する奇妙な事件を取材していたジャーナリストの桜井は、ある事実に気付く。

 高杉が演じる天野は、「侵略者」に乗っ取られた男・真治の仲間で、第2の「侵略者」という役どころだ。物語を動かすキーパーソンとなる存在で、黒沢監督の演出のもと、長谷川との共演シーンでも一歩も引かない熱演を披露しているという。

 「PとJK」「ReLIFE リライフ」「トリガール!」など出演作が目白押しで、さわやかで明るいイメージの高杉だが、今作では個性的なキャラクターで新境地を開拓。「天野は『侵略者』ですが、見た目は僕のまま……普通の人間なので、どうしたらそれが見る方に伝わるのか、どこまで伝えるべきなのか……というのが難しかったです」と役作りにも悩んだようだが、「現場に入って監督とお話ししながら天野は作っていきました。意外と人間らしいと言いますか、信念もあり、演じていてひかれていくキャラクターでした」と振り返っている。また、そんな高杉を黒沢監督も「現場ではいつも泥臭いほど真剣に、この難しい役どころに取り組んでいて頼もしかったです」と称えている。

 「散歩する侵略者」は9月全国公開。