線路内に入り込んだシカ(写真提供=近畿日本鉄道)

写真拡大

 シカやイノシシなどの衝突事故が全国各地で急増している。鉄道各社は、あの手この手の対策に追われている。

 JR東日本八王子支社は昨年末、山梨県甲州市の山間部を走る中央線線路脇に、動物捕獲用のわなを試験的に設置した。縦4メートル、横6メートルの区画がフェンスで囲われ、動物が中に入るとセンサーで感知し入り口を閉鎖する仕組みだ。わなの中にはシカが好む鉄分を含んだ誘引材などを入れている。9月末まで捕獲を行い、効果を見定めたうえで本格設置を検討するという。

「中央線が好きだ。」のキャッチコピーを掲げる同支社の管轄は、東京多摩地区や山梨、埼玉にまたがる中央線、青梅線、八高線、五日市線、横浜線、南武線、武蔵野線。管轄内での動物衝突事故件数は2013年度に約60件だったが、14年度は約90件、15年度は約100件と増え続け、16年度も11月末現在で約90件と前年度を上回るペースだ。

 昨年12月には連続衝突という珍しい事故が発生した。松本発新宿行きの上り特急「あずさ34号」が午後8時59分ごろ大月市内の笹子-初狩駅間を走行中、線路にいたシカ2頭をはねて緊急停止した。事故処理や車両点検のため現場に約26分間停車した。点検が終わり運転を再開したのも束の間、6分後には6キロ先の初狩-大月駅間で、今度は線路を横断しようとしたイノシシと衝突。再び18分間の停車を余儀なくされ、新宿駅到着は定刻よりも49分遅れとなった。最終的に上下線9本が最大49分遅れるなどし、約1200人に影響が出た。

 14年には都市部の府中市内を走る武蔵野線の電車にイノシシが衝突する事故も発生している。八王子支社ではこれまで、山間部などの線路沿いに動物侵入防止フェンスを設置し、踏切にはライオンの排泄物の成分を含む薬剤を散布するなどの対策を講じてきた。それでも動物との衝突事故が減らないため、わなの設置で対策を強化することになった。

●エゾシカ、ヒグマ、タヌキ、タンチョウ、オジロワシも犠牲に

 北海道では、増え続ける野性動物の衝突事故で、さまざまな動物が犠牲になっている。エゾシカ、ヒグマ、牛、特別天然記念物のタンチョウや天然記念物のオジロワシまでが命を落としている。

 もっとも多いのがエゾシカだ。北海道庁のエゾシカ対策課がまとめた15年度の「エゾシカが関係するJR列車支障発生状況」によると、道内全体での発生件数は2724件で、前年度比231件増となった。路線別では宗谷本線がもっとも多く515件、次いで花咲線492件、釧網本線286件となっている。

 昨年12月、JR留萌線の留萌-増毛間の運行が、95年の歴史に幕を下ろした。午後8時過ぎ、高倉健主演の映画『駅 STATION』(東宝)の舞台となった増毛を最終列車が発車した。だが、よりによってこの最終列車が午後9時過ぎ、廃止区間よりも先の幌糠-峠下間でシカと衝突するアクシデントに見舞われた。このようにエゾシカとの衝突は、北海道では日常茶飯事となってしまっている。

 昨年3月に開業した北海道新幹線も例外ではない。昨年のゴールデンウィーク中の5月2日夜、東京発函館北斗行きの「はやぶさ29号」が木古内-新函館北斗間を走行中、運転士がおかしな音を感じ緊急停止。車両に異常は見つからなかったが、後日、現場付近でタヌキの死骸が発見され、JR北海道はこのタヌキが衝突したと発表した。防護柵の下の地面を掘って線路内に侵入したとみられている。動物の侵入を防ぐのは極めて困難である。

●シカを追い払うだけでなく、共存する取り組みも

 これほど衝突事故が増えると、鉄道会社としても甚大な被害を受ける。事故後の死骸の処理、車両点検によるダイヤの乱れに加え、侵入防止フェンス設置、わなの設置など、事故防止対策に多額の費用や手間がかかるからだ。

 一般的な対策としては、侵入防止フェンスやシカが嫌うライオンやオオカミの排泄物の成分を含んだ薬剤の散布、シカが好む鉄分を含んだ固形の誘引材などを使う。最近、注目を集めているのは、近鉄が開発した「鹿踏切」というシステムだ。

 シカの生息域となっている三重県津市内の近鉄大阪線東青山駅近くに設けられたこのシステムは、線路の両脇に約1キロにわたってネットを張り、そのうち5カ所はネットを開けた空間をつくり、シカが線路を横断できるようにした。ネットを開けた場所には踏切にある遮断機の代わりに動物が嫌がる超音波を出す装置を取り付け、電車が走る時間帯はこの装置を作動させてシカの侵入を防止する。最終電車通過後は装置を止めてシカが通れるようにした。

 近鉄では15年に、路線全体で年間313件のシカとの衝突事故が起こり、対応に苦慮していたが、昨年5月に鹿踏切を設置して以降、この区間では事故がまったく起きていないという。今年3月末には奈良県内の区間にも鹿踏切を設置する予定だ。

 開発や耕作放棄による環境変化、狩猟者の減少などで野生動物の行動範囲が広がる一方、シカの場合には鉄分補給のために線路をなめる習性があるといった特殊な事情もあり、線路への接近を完全に防ぐのは困難だ。

 そこで、「排除ではなく共存を」という発想のもとに鹿踏切が開発された。この画期的なシステムに、ほかの鉄道会社や自治体から問い合わせが相次いでいるという。

 野生動物の行動範囲が広がった原因を考えると、対策をすべて鉄道会社まかせにするのではなく、国交省や環境省など国も一緒になって取り組む必要があるのではないか。
(文=編集部)