この5人メンバーかっこいい〜
 - (C) カンテレ

写真拡大

 小栗旬&西島秀俊の初共演ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(仮題)」の追加キャストが発表され、名バイプレーヤー(名脇役)として活躍する田中哲司や野間口徹が出演することが明らかになった。さらにこのメンバーに、映画『僕らのごはんは明日で待ってる』などで主演を務めている若手女優の新木優子が紅一点として加わり、ドラマでは5人の“チーム”が結成される。

 本作は、直木賞作家の金城一紀の原作を基に描く骨太アクションエンターテインメント。警察庁警備局長直轄の各分野のスペシャリストが集結した秘密部隊・公安機動捜査隊特捜班に所属する稲見(小栗)らが、時に自身の正義感と残酷な現実のギャップに悩みながらも、政治家殺害をたくらむテロリストや新興宗教団体、軍事スパイ、麻薬密売組織といった国家を脅かす敵に立ち向かう。

 物語の核となる元自衛隊員の稲見や、元外事警察の田丸(西島)をはじめとする5人の特捜班メンバーはそれぞれが一癖も二癖もある人物という設定。田中ふんする特捜班の班長・吉永は、元警視庁捜査一課の刑事で取り調べの名手。野間口演じる樫井は、元機動隊爆発物処理班で、匂いが色分けされて見える「共感覚」と呼ばれる特殊能力の持ち主。新木が役を務める大山は、心に闇を抱えたすご腕の元ハッカーとして登場する。

 また、警察ドラマの中でもかなり本格的なアクションにも挑戦しているという。どのくらいかといえば、「ST 警視庁科学特捜班」「ストロベリーナイト」「SPEC(スペック) 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」など数々の警察ドラマに出演してきた田中が、「小栗君や西島君に比べたら全然ですけど、アクションはなかなか強烈ですね。普段アクションをやる機会が少ないので楽しいです」と語るほどだ。

 そして共演陣について、田中いわく「仲良くなり過ぎ」とのこと。田中が「小栗君はチームを大事にするので、そのチーム感が良いですよね。それに西島君はクールな顔とは違う面を一つも二つも持っていて、しゃべっていると面白いです」と話すと、野間口も「小栗座長が作る空気感が、チームとして一体になろうという雰囲気を作り出していますね。僕はそこに乗っかるだけなので、楽させてもらっています(笑)」と明かしていた。(編集部・井本早紀)

ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(仮題)」はカンテレ・フジテレビ系にて4月より毎週火曜夜9時〜9時54分に放送