写真提供:マイナビニュース

写真拡大

元SMAPの中居正広がMCを務めるテレビ朝日系バラエティ番組『中居正広のミになる図書館』(毎週火曜23:15〜)が、4月からゴールデンタイムに進出することが27日、分かった。毎週月曜(20:00〜20:54)枠で放送される。

この番組は、2011年10月にスタート。役立つ情報やタメになる知識を提供し、「美文字大辞典」や「芸能人の資格取得企画」「知らなきゃ良かった」といった人気コーナーを展開している。今回のゴールデン進出により、中居はテレビ朝日のゴールデンタイムで、初めてレギュラー番組を持つことになる。

4月からの放送は、1月16日に3時間スペシャルで放送された20代・30代・40代・50代・60代以上のチームに分かれてのチーム戦「ジェネレーション・チャンプ」をメインに展開。「自分たちの世代で大ヒットした洋画といえば?」「自分たちの世代の歌姫といえば?」といった世代間のギャップを問題にしたクイズなどで得点を競っていく内容となる。

さらに、これまで中居のMCで年数回ペースで放送されてきた特番『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』も、『ミになる図書館』のゴールデン進出にともなってレギュラー企画化されることが決定。一流アスリートをスタジオに招き、スポーツにまつわるスクープを聞き出していく。

中居は「今までと変わらないスタンスで『ジェネレーション・チャンプ』や『号外スクープ狙います!』など、いろいろな企画をやっていけたらと思っているので、僕自身も楽しみです」と期待のコメント。かつて「テレ朝は(ゴールデンでレギュラー番組をやるのは)簡単じゃないよ」と言われたのを思い出したそうで、「1クールで終わらないように頑張ります(笑)」と意気込みを語っている。