幻の未使用シーンに注目

写真拡大

 西島隆弘(AAA)と満島ひかりが共演した園子温監督作「愛のむきだし」(2008)が、連続ドラマとしてリブートされる。上映時間237分の長編として話題を呼んだオリジナル映画に、復元した当時の未使用シーンを1時間以上追加し、全音楽、音響を再構築した“最長版”が完成した。

 園監督は、「あの削除したセリフが、あの削除したシーンが、ついに帰って来た!」と歓喜。「あの名作が、8年ぶりに完璧な“ドラマ”になって帰って来ただけでも感動的なのに、久々に見るこの作品は、何もかもが今も新しい。役者たちが活き活きと画面を走り抜け、完璧なハーモニーを奏でていた!」と仕上がりに大満足の様子だ。

 映画は、クリスチャンの家庭で育った青年を主人公に、新興宗教や盗撮、暴力といった問題を織り交ぜながら、“究極の純愛”を描いた。懺悔を強要する神父の父に応えようと“罪作り”に励むうちに盗撮のカリスマとなったユウ(西島)は、ヨーコ(満島)と出会い恋に落ちるが、やがて2人に新興宗教団体の魔の手が忍び寄る。第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門でカリガリ賞と国際批評家連盟賞をダブル受賞し、国内外で高い評価を受けた。

 西島、満島、安藤サクラ、板尾創路、深水元基、吹越満、渡部篤郎らとともに、いまや日本映画界に欠かせない存在となった綾野剛が不良グループの幹部役、松岡茉優がヨーコのいとこ役で出演している。

 「愛のむきだし 最長版 ザ・テレビショー」(全10話)は、J:COMオンデマンドで2月1日から配信開始。J:COMプレミアチャンネルで2月4日から放送される。