4人の個性的な王子が登場

写真拡大

 今春放送開始予定のテレビアニメ「王室教師ハイネ」の、ティザープロモーションビデオが作品公式サイトやYouTube(https://youtu.be/K6f-jrrp5P8)で公開された。王子を教育する専属家庭教師・王室教師として着任したハイネ・ヴィトゲンシュタインが、4人の個性的な王子たちと出会い、挑戦的な言葉と視線を投げかけられる様子が描かれている。

 同作は、赤井ヒガサ氏が月刊「Gファンタジー」で連載中のコメディ漫画が原作。ヨーロッパ風のグランツライヒ王国を舞台として、一般庶民から王室教師に抜てきされたハイネと、歴代教師に恐れられてきた第二王子カイ、学歴至上主義で教師を見下す第三王子ブルーノ、美貌の持ち主だが、プライドが高く教師を嫌う第四王子レオンハルト、王族とは思えないほどの親しみやすさと軽さを持つ第五王子リヒトの4人の王子たちとの師弟関係を描く。

 また、メインスタッフからのコメントも公開された。監督の菊池カツヤは「とにかく原作の絵が綺麗で、おもしろい! 登場する王子様達が美しくて、カッコよくて、かわいらしい! 髪の毛の艶、王宮の細部の装飾に至るまで、こだわって作り込み、原作のおもしろいところを濃縮してお届けします!」と作品の見どころを紹介。シリーズ構成を務めるうえのきみこは、「原作を拝見したとき、王室という厳格さを求められる環境の中での、4人の王子たちの関係がとても温かく楽しそうで、彼らの世界をずっとみていたいなぁと思いました。そんな原作の雰囲気やおもしろさを生かしつつ、みなさまに楽しんでいただける作品になるように誠心誠意がんばります」と意気込みを語っている。また、キャラクターデザインを担当する奥山鈴奈は「赤井先生の煌めく世界を壊さないように、アニメでも私なりの華やかさとキラキラをたくさん詰め込んでみなさまにお届けできたらなと思います。動くことで、キャラクターたちの、かわいいあのシーンやこのシーンをより愛しく感じていただけると嬉しいです」と話している。